薬師丸ひろ子主演で大ヒットを記録した映画『セーラー服と機関銃』。このたび、そのヒットから25年を経て、TBSが連続ドラマ化に踏み切った。やくざの組長になる女子高生星泉を、長澤まさみが演じる。脇を固める共演陣は、小泉今日子、堤真一、緒形拳
 主演の長澤は、役名の星泉名義で主題歌「セーラー服と機関銃」を歌い、そして、10/25に同曲のリリースが決定した。長澤まさみとしてデビューするのではなく、あくまでも歌手デビューをするのは役名である星泉。CDのジャケットもアーティスト写真もすべてシルエットで、クレジットもすべて“星泉”とする徹底ぶりだ。前クールに沢尻エリカがドラマ「タイヨウのうた」(TBS系)での役名であるAmane KaoruとしてCDをリリースし、50万枚のヒットを飛ばしている中、今作もかなりの売上を期待できそう。25年前の曲のみずみずしさはそのままに多少のアレンジを加え、古さを感じさせない。素直で透明感溢れる長澤の歌声は、女優とはまた違った魅力を感じさせる作品に仕上がっている。長澤まさみとしての今後のリリース予定は全くない。初回限定盤には彼女の歌う姿が収録されるのだが、音楽番組も出る予定がないということで、貴重な1枚となりそう。
 また、立て続けにドラマや映画に出演するほどの人気ぶりを反映し、彼女自身初となる撮り下ろしカレンダーを発売する。撮影は蜷川実花。大人の女性を意識したセクシーなショットもあるので、また違った長澤の魅力を感じられるだけに要チェックだ。

●「セーラー服と機関銃」キャストを一括登録して、最新情報をGET!

●長澤まさみ 2007年 二十歳。初めての撮り下ろしカレンダー、撮影は蜷川実花! こちらからどうぞ。

2006-10-16 17:21 この記事だけ表示   |  コメント 0

 売上累計が1100万部を越える大ヒットマンガ『のだめカンタービレ』(現在15巻まで発売)。クラシック音楽をモチーフに、徹底的な取材に基づくリアリティーと説得力を持ちながらも、クラシック音楽に抱かれがちな“敷居が高い”イメージを根底から覆して昨今のクラッシク・ブームの火付け役にもなった。同作品が、フジテレビ系の“月9”でついにドラマ化され、10/16(月)にスタートする。
 一度聴けばその通りに曲が弾けてしまうという天才だが楽譜の読めない“のだめ”こと野田恵(上野樹里)は、風呂や掃除嫌いで、自宅の部屋はゴミだめ状態。さらに思ったことをすぐに行動に移してしまい、友人の弁当の盗み食いは日常茶飯事という奇人。そんなのだめが一目ぼれするのが、超エリート音大生・千秋真一(玉木宏)だ。見事なまでのオレ様キャラで独走する彼がのだめに翻弄されるという愛と笑いに溢れるストーリーを美しいクラシックが包み込む。ほかにも瑛太やサエコ、小出恵介、上原美佐、水川あさみなどの注目の若手俳優に加え、豊原功補や西村雅彦、竹中直人などの個性派俳優が出演する豪華キャストにも注目だ。
 また、そのドラマ化に関連して、マンガの中で演奏された名曲を生で聴くことができる演奏会「茂木大輔の『生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会』」が開催される。いままでクラシックに触れたことのない人たちも楽しめるこの演奏会に、ぜひ足を運んでみてほしい。


◆関連CD
「のだめオーケストラ」LIVE!
〜のだめオーケストラ

2006-10-02 18:00 この記事だけ表示   |  コメント 19