ICONIQ
おもむろに長い髪を束にしてつかんではさみでそれをバッサリと切り落とす…、その後、丸刈り姿になって登場する。この衝撃的なテレビCMで一躍名前が知れ渡ったICONIQ(アイコニック)。
ICONIQは、昨年末にEXILE・ATSUSHIとのコラボ曲「I'm lovin' you」でデビューした1984年生まれの25歳。この曲が口コミで広がり、有線や着うた(R)でウイークリー1位を記録。ついには35万ダウンロードを記録した。その後、記号のような名前と、「あの歌声は誰?」と話題になり、披露されたビジュアルが丸刈りの美女…。この今までにないインパクトで衝撃を受けた人も多いことだろう。そんな彼女の待望のデビュー・アルバム『Change Myself』が3月10日、ついに発売される。
今作には彼女がイメージキャラクターを務める、前述した資生堂「マキアージュ」のCMタイアップ曲となった「Change Myself」やATSUSHIとのコラボ曲はもちろん、m-flo・VERVALとのコラボ曲やマドンナの代表曲「Like A Virgin」のカバー曲など聴きどころ満載。プロデューサーには安室奈美恵やEXILEを手掛けるT.Kura&MICHICOらを迎え、彼女が持つ可能性を存分に引き出した全10曲が堪能できる作品となっている。楽曲はクラブライクなものが多いが、伸びと艶感のある歌声はとてもキャッチーで、聴き手を飽きさせることがない。まさに新しいタイプのR&Bシンガーといっても過言ではないだろう。
現在彼女は、歌手活動はもちろん、CM出演をはじめ、ファッション誌やメーク雑誌の表紙を飾るなど多くのメディアから注目を浴びている、まさに“旬”な女性だ。しかし、まだまだ謎が多いことも事実。これから、どんな一面を見せて驚かせてくれるのか。ぜひとも“丸刈り”以上のインパクトをもたらしてもらいたい。
2010-03-08 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
the brilliant green
’97年にデビューし、その後、当時は新しかった洋楽の要素をふんだんに取り入れたサウンドが音楽ファンに受け、一気にスターダムへと上り詰めたスリーピースバンド・the brilliant green。’98年に放送された、渡部篤郎、石田ひかり出演のドラマ「ラブ・アゲイン」に3枚目のシングル「There will be love there -愛のある場所-」が起用され、大ヒットを記録した。以降も、“ブリグリ”の愛称で親しまれ、ドラマティックで星をちりばめたかのような美しいポップサウンドと、一度ハマると中毒性が高いボーカル・川瀬智子の愛らしい歌声とで、現在もずっと愛されるバンドとして圧倒的な存在感を示している。
そして、2月24日(水)、個々のソロ活動などを経た彼らがレコード会社と所属事務所を移籍し、2年ぶりとなる新曲「LIKE YESTERDAY」とともに新しい一歩を踏み出す。この曲は、まさに彼らの“必殺チューン”というべききらびやかなポップチューンだ。鳴り響くギターサウンドがサビに向かっていくにつれて増していく高揚感は、聴いていてとても気持ちがいい。
さらに今作では、彼らならではの遊び心も満載。歌詞カードを何気なく見ていると、歌詞が1フレーズごとに改行され、遠めから見ると“星”のように浮かんで見えてくるのだ。川瀬智子いわく、「星は見つけようとする人に存在する」ということを表したかったという。新曲リリースとなると、生で彼らを見られる機会を期待してしまうもの。そんな機会を心待ちに、それまでは深いメッセージが込められたこの曲を、じっくりと堪能していよう。
2010-02-22 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
ベッキー♪#
好感度調査では常に上位をキープし、誰からも愛されるタレントとして活躍するベッキー。純粋無垢な笑顔と、たまに発する鋭いツッコミが人気を呼び、バラエティー番組を中心に快進撃を続けている。そんな彼女が、満を持して歌手デビューを果たしたのだ。
実は彼女、タレント活動の一環として何枚かCDを出しているが、今回の歌手活動はそれまでの歌手活動とは意味が違う。「ベッキー♪♯」と表記を変え、すべて彼女が歌詞を書き、自分の素顔をさらけだすことを一番に、新たな一面を見せようと活動を開始したのだ。だからこそ、いつも笑顔であふれている彼女のイメージを覆すような歌詞に驚く人も多いことだろう。
デビュー曲「心こめて」では自分の信じる夢に向かうために選んだ別れを歌い、2月3日に発売されたセカンドシングル「好きだから」では愛する気持ちをうまく伝えられない不器用な恋心を歌っている。そこにいつものベッキーのような“はしゃいだ”歌声は存在しない。悩み、苦しみながらも、明日の光を信じて前に進もうとする彼女の力強い意思を感じ取ることができるのだ。今のところ、ジャケットで彼女の象徴とも言えるべき笑顔を見せることはない。それこそが、この活動の肝なのだろう。
そしてその最初の“意思表明”として2月24日(水)には待望のファーストアルバム『心の星』が発売される。ここには、クセのあるポップチューンや訴え掛けるような美しいバラードなど幅広いジャンルの曲が収録されている。
さらにうれしいことに3月下旬から4月にかけて、完全招待制による「ベッキー♪# SPECIAL LIVE」を行うことが発表された。「好きだから」と『心の星』W購入者特典となっているこのライブ。“シンガー・ベッキー”を間近で見られるまたとないチャンスとなりそうだ。
2010-02-15 11:00 この記事だけ表示 | 東京 🌁   |  コメント 0
小沢健二
1993年にシングル「天気読み」でソロデビューを果たし、その後、スチャダラパーと競演した「今夜はブギーバック」を大ヒットさせ、その翌年から2年連続で「NHK紅白歌合戦」出場を果たした小沢健二。“オザケン”の愛称で親しまれ、当時リリースされたアルバム『LIFE』は音楽ファンから多大な支持を受け、根強い人気を誇っている。しかし、2006年に発売したアルバム『Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学』からのリリースはまったくなく、ライブとしては13年もの間、開催されていなかった。そんな彼が、ツアー公式サイト(http://hihumiyo.net/)で全国12カ所でのライブコンサートを開催すると発表、5月20日(木)の神奈川県民ホールを皮切りに、仙台、東京、札幌などを回る予定が掲載されている。
近年ではアメリカ・ニューヨークを拠点に世界各国を周り、反グローバリズムや環境問題など社会的活動を行っていたという彼。発表された同サイトには音楽活動を再開するロングインタビューも掲載されている。インタビューでは過去のツアーを懐古したり、今後の展望などを語ったりしている。ちなみに、今回のツアーでは『LIFE』収録曲やヒットシングルも演奏するつもりだとも語っているだけに、往年のファンもたっぷりと楽しめる内容になっているようだ。
さらに、ツアーメンバーとして、東京スカパラダイスオーケストラの沖祐市のほか、ヒックスヴィルの木暮晋也、スタジオミュージシャンとしても名高い中村キタローなど『LIFE』制作時期に彼の作品を支えたミュージシャンの名前が発表されていることも注目。まさに13年間という長い時間を待ったかいのあるライブツアーとなるであろう。
公演情報
5/20(木)神奈川県民ホール(神奈川県)
5/21(金)仙台イズミティ21(宮城県)
5/24(月)25(火)中野サンプラザホール(東京都)
6/2(水)札幌市民文化ホール(北海道)
6/4(金)中京大学文化市民会館オーロラホール(愛知県)
6/6(日)神戸国際会館(兵庫県)
6/7(月)広島厚生年金会館(広島県)
6/15(火)新潟県民会館(新潟県)
6/17(木)はまホール(旧浜松市民会館)(静岡県)
6/22(火)京都会館第一ホール(京都府)
6/23(水)サンポートホール高松(香川県)
6/25(金)福岡サンパレス(福岡県)
【ツアー公式サイト】 http://hihumiyo.net/

2010-02-08 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
久保田利伸
’86年にシングル「失意のダウンタウン」でデビュー以来、日本人では表現不可能と言われていたブラック・ミュージックに挑戦し、人種、ジャンルの壁を乗り越えて日本のポップスへと昇華させたアーティスト・久保田利伸。最近では、松尾貴史と共演したニッカウヰスキーの「ブラックニッカ クリアブレンド」のCM出演、大みそかの紅白歌合戦でのパフォーマンスも話題となったSMAPの大ヒット曲「そっと きゅっと」の作曲を担当するなどしていた彼が、ついに2010年、本格的に活動を開始する。
その第1弾として、1月27日ニューシングル「Tomorrow Waltz」を発売。この曲はNHK総合で1月16日より放送される、坂口憲二主演のドラマ「君たちに明日はない」の主題歌に起用される。この曲は語り掛けるように優しく、甘く響く、大人の色気をまとった歌声を存分に生かした、心温まるバラードに仕上がっている。しかもこのドラマには、久保田利伸本人役としてドラマ出演が決定! 久保田が出演する回は1月23日に放送される。どんな演技を見せてくれるのか、こちらも気になるところだ。 そして、カップリングにはマイケル・ジャクソンへの感謝を込めたオマージュ曲「STAR LIGHT」が収録される。この楽曲は、現在発売に先駆けて、先行配信中。公式ホームページでは期間限定で特別にミュージックビデオも閲覧できるのでチェックしておきたい。
そして、ファンにとって何よりもうれしいニュースが届いた。6月20日の神奈川・ハーモニーホール座間を皮切りに、待望の全国ツアー「TOSHINOBU KUBOTA Hall Tour 2010」が決定した。さらに磨きの掛かった圧倒的な歌唱力と表現力で、今までにない感動を与えてくれることだろう。
シングル「TIMEシャワーに射たれて」、ドラマ主題歌に起用された「You Were Mine」「夢 with You」「LA・LA・LA LOVE SONG」など、今の“アラフォー”世代には耳慣れた楽曲が多い久保田。明るいニュースが少ない昨今の日本を、あのアツイ歌声で再び盛り上げてもらいたい。
2010-01-12 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 2
nokko.jpg
国内のロックバンドとしては初めてミリオンセールスを達成した伝説のバンド・REBECCA。そのボーカルを務めていたNOKKOが、REBECCAデビューから25周年を迎える2010年に待望の再始動をすることが決定した。
デビュー25周年記念ということもあり、再始動のアルバム第1弾として「フレンズ」や「MOON」など代表曲のカバーを収録。もちろんオリジナルに基づいたアレンジで、当時のファンをもうならす仕上がりになっている。
NOKKO CD情報
Kiss
Kiss [CD]
3,000円(税込)
2010/1/13発売
ユニバーサル・シグマ
さらに、ソロとなってから大ヒットを飛ばした「人魚」も新しくレコーディングされ、収録されるというからうれしい。さらには、「LA LA LA LOVE SONG feat. KG」や「SOMEDAY」「中央線」「Tomorrow Never Knows」「そして僕は途方に暮れる」「いとしのエリー」などJ-POPの名曲の数々をカバーしている。浮遊感のある、でも力強い独特の歌声で生まれ変わった名曲からは、今までにない感動を味わえるはずだ。
メジャー活動としては10年ぶりとなる2010年。なぜ今を選んだかというと、彼女が出産、子育てを経験したことが大きかったという。“子供を育てるようにシンプルに、泣く子をあやすような気持ちでスタジオでも歌えたら”という彼女の思いが今回の形になった。ニューアルバム『Kiss』には、新しい命を授かり、さらに魅力を増したNOKKOの歌声が詰まっている。
2009-12-14 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
森友嵐士
1991年「悲しみが痛いよ」でメジャーデビューしたT-BOLAN。以降、「離したく はない」「Bye For Now」「マリア」などの数々のヒット曲を生み出す。総売上 は1700万枚。 ところが1999年12月、『それぞれの音楽活動の可能性を広げるため。』という理由で突然の解散。
当時発表されなかった事実が今回公表された!森友嵐士は、1995年に当時心因性発声障害(喉頭には何の異常も無いのに、話をしようとすると声が全く出なくなったりする、原因は精神的ショック、ストレス、疲労)という病にかかり、ヴォーカリストとしての生命線である、歌が唄えないという苦しみをかかえていた事が告白された。
T-BOLANとして最後のライブから約14年、解散から10年 森友嵐士は再びスタートをきる。
復活にさいして、TOY'S FACTORYとメジャー契約を結び、長い14年の間、森友を支えた多くの仲間、家族、自分の強い想い。歌声を取り戻した森友が届けたい最初の歌は、そんな仲間への想いを歌った、「絆」(きずな)。(2009年11月26日、配信にてリリース決定。)
SECOND BIRTH
MORITOMO ARAHI (ex.T-BOLAN)
LIVE HEAVEN ZERO
1995年3月26日LIVE HEAVEN最終公演、大阪厚生年金会館、
あれから、14年。
やっと今、自分の居場所に戻って来れたよ。
ありがとう。
まるで止まってしまったかの様な時間の中、
ただただ、壊れてしまったオレをとり戻したくて・・・。
告白の日・・・
14年前、オレは、声を失った。
オレが消えたよ。
そんな感じの中もがいてた、歩いてた、必死だった。
悲しいだけのニュースは、閉じ込めておきたくて、
誰にも伝えぬまま、それが、オレ流。
自分自身とただ向き合うことしか出来なかった。
もう一度、ステージに上がりたい、歌いたい、みんなと会いたい いつの日か、そんな必死な、かみしめるような想いたちは、
オレの新しい夢となり、この胸の中、育ち始めた。
14年の中には、いろんな気持ち、感情が交差した、
悔しさ、弱さ、いらだち、そして、希望、願い・・、きりがないほどに。
口にこそ出さなかったけれど、もうダメかとあきらめそうになったことも、
何度かある。
ただ、あきらめることが、出来なかったんだ。
声を奪われたまま、どこにも歩いていきたくなかった。
自分の心の真ん中に瞳を閉ざしたまま、どこにもいけなかった。
自分の足跡を、自分のすべてをうけいれていたかったんだ。
すぎてく日々の中、たくさんの気持ちや、思いやり、愛に助けられた。
仲間、家族、子供達、そしてたくさんのみんなからの励ましの声
オレは、この長い長い迷路を歩く中、人として、たくさんの事を学び、感じ、
そして、たくさんの本当と出会えてこれたように思う。
人生のどんな場所にも、意味のない時間なんてないことを
改めて、教えてもらったような気がする。
ジョンレノン風に、しばらく子育てやっててさぁ、なんて何事もなかったように復帰したかったんだけど、
人生は予定どうりにいかないものだよな、これだけ長い時間かけちゃ、そんな理由じゃ、とばせないよな。
改めて、ZEROからのスタート、そんな気持ちだ。
まるで生き返ったようだよ。
キセキを感じてるんだ。
セカンド バース
Peace Rockの旗を掲げてさ、ここから歩き始めるよ。
新しい声が響きはじめる。
はじまりのはじまり
MORITOMO ARASHI (ex.T-BOLAN)
森友嵐士 SECOND BIRTH SCHEDULE
【リリース情報】
2009.11.26 新曲「絆」 着うた(R)、着うたフル(R)配信リリース(レコチョクにて配信限定リリース)
2009.12.02 新曲「絆」 iTunesにて配信予定
>> 詳細(TOY'S FACTORY)
【LIVE&イベント情報】
2009.12.25 渋谷 C.C.Lemon ホール(旧渋谷公会堂)
SECOND BIRTH Christmas Fan meeting #00 〜絆〜
招待制1000組2000名(応募抽選)
>> 詳細 受付方法
【TV 出演決定】
2009.11.26(木)日テレ系全国ネット ベストヒット歌謡祭2009
>> 詳細(番組H.P.)
2009-11-24 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 1
西野カナ
“○○万ダウンロード達成!”や、“着うた(R)で1位を記録!”などという文句を目にすることが多い昨今。実は、最近ではCDを発売する前に配信で楽曲を先に発売し、そこで知名度を上げてから、CDを世にリリースするというアーティストが増えているのだ。その代表格が“配信世代”、または“着うた(R)世代”と言われている世代のアーティスト・西野カナだ。
彼女は、平成元年生まれの弱冠20歳。アメリカに2度渡っており、その中でクリスティーナ・アギレラやジェニファー・ロペスらの影響でヒップホップやR&B、レゲエなどにハマっていったという。また、海外からあらためて日本を見る目が備わったためか、日本に深く根ざした音楽文化にも興味を持ち日本民謡も習い始めたという経歴の持ち主だ。その後、’05年に現在のレーベルのオーディションに合格し、オーストラリア人作家ユニット「NERVO」とメジャーデビューシングル「I (アイ)」を制作、世界初のデビューシングル日米先行配信を敢行した。そんな鳴り物入りのデビューが反響を呼び、’ 08年9月には世界の歌姫、シンディ・ローパーから指名され、彼女の12年ぶりのジャパンツアーに参加、4会場でオープニングアクトを務めた。
そんな西野の楽曲は、すべてリアルな体験から生まれたものだという。だからこそとても共感でき、同年代の心を強くつかむのだろう。これまで西野は、TERIYAKI BOYZ(R)で活動中のWISEがフューチャリングで参加し、遠距離恋愛を歌った「遠くても feat.WISE」リリース時に特設サイト「エンレンドットコム」を開設。さらに、「君に会いたくなるから」リリース時には、失恋がテーマの同楽曲にちなみ、「シツレンドットコム」というサイトを設置した。それぞれのサイトでは遠距離恋愛や失恋のエピソードを広くファンから募集。投稿されてきたエピソードに対し、別のファンがその話に共感できるかどうかを判断させてサイトを盛り上げさせる手法をとるなど、楽曲との相乗効果でファンとの一体感を図っている。こうしたことで一番のケータイユーザーである、彼女と同年代の10代の心をガッチリとつかんだのだ。そして、10月21日(水)には待望の新曲「もっと…」を発売。「両思いのはずなのに、自分だけが好きみたい…」、そんな誰もが思ったことのある切ない恋を描いたこの曲は、より多くの世代を巻き込んでヒットしそうだ。この発売に際しても「レンアイドットコム」というサイトを開き、恋に関するさまざまなエピソードを募集している。「もっと…」を聴きながらそれらのエピソードを読んでいくと、恋愛まっただ中の男女の心はさらに大きく揺さぶられることだろう。
また、彼女は2010年の春にワンマンツアー「Kanayan Tour 2010 〜Spring〜」を決行する。「I (アイ)」をはじめ、「遠くても feat.WISE」「君に会いたくなるから」などこれまでのシングルを網羅し、いまだにロングヒット中のアルバム『LOVE one.』の楽曲もたっぷり聴くことができるハズ。ダウンロードだけでは分からない“配信世代”の新アーティスト・西野カナの魅力を体感するチャンスだ。
公演情報
西野カナ
 12/12(土) The Garden Hall (東京都) ※予定枚数終了
 2010/3/20(土)  darwin (宮城県)
 2010/3/25(木)26(金) BIGCAT (大阪府)
 2010/4/2(金)3(土) Shibuya O-EAST (東京都)
CD情報
もっと・・・
もっと・・・ [Single] [Maxi]
1,223円(税込) 発売中
SE

2009-10-26 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
新選組リアン
人気クイズ番組「クイズ! ヘキサゴンII」(フジ系)から、つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹による“羞恥心”を大ブレイクさせた島田紳助。そのプロデュース能力を生かして彼が次に世に送り出すのが、“世界に誇れる町・京都の観光人気を復活させたい!”という思いから結成された“新選組リアン”だ。
彼らは日本テレビ系のバラエティー「人生が変わる1分間の深イイ話」の番組内で応募総数2518通もの中から選ばれたイケメン大学生たち。森公平(21歳)、関義哉(20歳)、榊原徹士(19歳)、國定拓弥(21歳)、山口純(19歳)からなる新選組リアンは京都の周辺に在住・在学中の、心から京都を愛する5人だ。
男道
男道 [Single] [CD+DVD]
1,260円(税込)
10/14 発売
アール・アンド・シー
書類選考の後の2度の面接、大覚寺での最終選考合宿を経ただけあって、5人が5人ともビジュアルだけじゃなく、キャラクターも強い納得のイケメンぶり。この“平成の新選組”が、ついに10月14日(水)にCDデビューを果たす。タイトルはズバリ「男道」。草食男子が増加する昨今を斬るかのような力強い歌詞の世界が、古き良き日本男児の決意のようを感じさせて、小気味いい。
ちなみにリアンは訳すると“絆”の意味。“ヘキサゴン・ファミリー”のように仲間を大事にする紳助らしいネーミングだ。現在彼らは多くのバラエティーに出演し、それにより見えてきた“天然&おバカ”なキャラクターがすでに共感を呼び始めている。そんな彼らが羞恥心のように化けるのか、今後に注目していきたい。
2009-10-05 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
THE KIDDIE
日本だけではなく、海外公演を実現するなど、昨今“ネオビジュアル系”といわれるバンドの活躍が目覚しい。その中でも今年から来年にかけて注目したいバンドがTHE KIDDIEだ。
THE KIDDIEは、’07年に揺紗(Vo)とユウダイ(Ds)を中心に結成された5人組ユニット。同年7月1日に初ステージを踏んだばかりという、まだ結成3年目の新人バンドだ。彼らが本格的に活動をし始めたのが’09年の今年。4月にマキシシングル「NOAH」、7月に「elite STAR+」をリリース。まだ活動して間もないにもかかわらず、8月20日に都内で行われたワンマンライブは満員御礼の中、終了した。
彼らの魅力はそのキャッチーなメロディーセンスと、全員が甲乙つけがたいほどの天性のイケメンぶりだろう。天から与えられたビジュアルはキュートさ、クールさだけでなく愛らしさや優しさも備え、女の子だけでなく同性からも人気を集めている。
そんな彼らが今年の10月から3カ月連続でシングルリリースが決定した。10月7日(水)の「soar」から、11月4日(水)の「BLACK SIDE」、12月2日(水)の「ポプラ」と、まさにリリースラッシュだ。そのリリースを受けて、12月2日(水)には東京・赤坂BLITZでワンマンライブ「KIDDIE WONDERLAND」も開催される。
ビジュアル系を好きな人はもちろん、あまり聴かないという人も偏見を捨てて彼らの音楽を聴いてみてほしい。そして彼らの本領が発揮されるライブにも、足を運んでみてほしい。世界が注目する日本の“ネオビジュアル系”だけに、何かを感じられるに違いない。
公演情報
12/2(水) 赤坂BLITZ (東京都)
CD情報
soar


soar(初回限定盤)[Single] [CD+DVD]
1,890円(税込) 10/7 発売
バップ

2009-09-28 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0