YUKI 4月に新曲「ひみつ」をリリースしたYUKIが、昨年に引き続き夏フェスに登場する!
今のところ、8月7日(日)に東京・夢の島で行われる「WORLD HAPPINESS 2011」と、大阪・舞洲での「SUMMER SONIC 2011大阪」(8月13日(土)公演のみ)への出演が決まっている。抜けるような青空にYUKIの歌声が響き渡る光景を思うと、今から楽しみで仕方がない。
さらには、全国アリーナツアー「YUKI tour“MEGAPHONIC”2011」の開催も決定した。10月15日(土)の千葉・幕張メッセ イベントホールを皮切りに、12月18日(日)の愛知・日本ガイシホールまで8会場15公演を予定。東京では、12月8日(木)・9日(金)に国立代々木競技場で行われる。1年ぶりの全国ツアーとなるが、アリーナツアーとしては実に4年ぶり。プレミアチケットになることは確実なりそうだ。
YUKIといえば昨年9月、男性目線で同棲カップルの物語を歌った「2人のストーリー」において今までにない力強い歌声を披露し、新境地を切り開いた。そして2011年第一弾シングル「ひみつ」では、キラキラと星が降り注ぐようなかわいらしいストリングスが印象的なミディアムチューンに挑戦。多くの人に微笑みを届けてくれるようなサウンドと、優しく暖かい歌声に心癒やされた人も多いことだろう。これらの楽曲を、ぜひ真夏の野外フェス会場&久しぶりのアリーナツアーで味わってほしい。来年でソロ10周年を迎える彼女の圧倒的なパフォーマンスに心奪われるはずだ。。
YUKI 公演情報
夏フェスに登場!
8/7(日) 夢の島公園陸上競技場 (東京都)
8/13(土) 舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪府)
全国アリーナツアー
「YUKI tour“MEGAPHONIC”2011」開催決定!
10/15(土)16(日) 幕張メッセ イベントホール (千葉県)
10/22(土) 北海道立総合体育センター北海きたえーる (北海道)
11/2(水)3(木・祝) 横浜アリーナ (神奈川県)
11/8(火)9(水) 大阪城ホール (大阪府)
11/19(土)20(日) マリンメッセ福岡 (福岡県)
12/1(木)2(金) 神戸・ワールド記念ホール (兵庫県)
12/8(木)9(金) 国立代々木競技場・第一体育館 (東京都)
12/17(土)18(日) 名古屋・日本ガイシホール (愛知県)

2011-05-30 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
B'z
今年4月にリリースした新曲「さよなら傷だらけの日々よ」がオリコン1位を獲得し、44作連続首位獲得という大記録をマークしたB'z。6月1日(水)には早くも新曲「Don't Wanna Lie」を発売する彼らが7月下旬には北米ツアーを、9月下旬から12月末にかけては全国ツアーを行うことが決定した。
約8年ぶり、3度目となる北米ツアーは、「B'z LIVE-GYM 2011 -long time no see-」と題し、カナダのバンクーバー、アメリカのサンフランシスコとロサンゼルスの全3公演を予定している。ギターの松本孝弘は今年2月14日、アメリカ最大の音楽祭「第53回グラミー賞」で、日本人初のポップス部門受賞という快挙を成し遂げたばかり。ラリー・カールトンと共作したアルバム『TAKE YOUR PICK』が最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞したのだ。この名誉ある賞を引っ提げての北米ツアーは、おおいに盛り上がることだろう。
一方、日本でも待ちに待った全国ツアー「B'z LIVE-GYM 2011」が決定! 北米ツアー終了後、9月23日(金・祝)のサンドーム福井を皮切りに全国11カ所24公演を開催し、うち9公演は4都市のドームで行われる予定だ。締めくくりは12月22日(木)・24日(土)・25(日)の東京ドーム3DAYSと、クリスマスの夜に彼らの歌声が響く。
ライブ開催、新曲リリースなど様々な形で“前に進む力”を届けてくれるB'z。今年は今までになく勢力的に活動し、我々リスナーに元気を与えてくれそうだ。
公演情報
9/23(金・祝)24(土) サンドーム福井
10/1(土)2(日) マリンメッセ福岡
10/9(日)10(月・祝) 神戸ワールド記念ホール
10/16(日) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10/22(土)23(日) 広島グリーンアリーナ
10/27(木)、10/29(土)30(日)
 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11/3(木・祝)、11/5(土)6(日) さいたまスーパーアリーナ
12/4(日) 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム
12/10(土)11(日) ナゴヤドーム
12/15(木)、12/17(土)18(日) 京セラドーム大阪
12/22(木)、12/24(土)25(日) 東京ドーム
※予定しておりました東北公演は、被災地の1日も早い復興を
 お祈りしますとともに、実施に向けて検討を進めております。
CD情報

Don't Wanna Lie
(初回限定盤) 【CD+DVD】

1,470円(税込)
6/1発売
VERMILLION RECORDS








2011-05-23 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
音楽プロデューサーである小林武史と、Mr.Childrenの櫻井和寿が中心となって行われているイベント「ap bank fes」。今年も7月16日(土)〜18日(月・祝)の3日間、静岡県のつま恋にて開催されることが決定した。
ap bank fesでは、小林と櫻井を中心に結成されたバンド・Bank Bandがホスト役となり、様々なミュージシャンを迎え入れて競演し、ここでしか観られない貴重なパフォーマンスが繰り広げられる。出演する各アーティストのファンがこの1度きりのライブを見るためにチケット争奪戦となるのも毎年のこと。過去には小田和正やゆず、RHYMESTER、久保田利伸などジャンルレスに多くのアーティストが出演している。今年も豪華な出演者が期待できそうだ。
このフェスが他と違うのは、音楽が主体でありながら、ものを買うこと、エネルギーのこと、ごみのことなど、暮らしをとりまく環境とのつながりを実感できるように“エコ”を取り組みとして入れているというところ。環境に配慮した雑貨店や、ワークショップ、さらには来場者にマイ箸・マイカトラリーの持参をアクションとして取り入れ、今年も持参率100%を目指すという。そしてフェス最大の問題であるごみは分別・リサイクルを徹底し、多くのものをごみにならないような資源でまかなうという徹底ぶり。さらにそのイベントにまつわるすべての取り組みを環境報告書として一般に公開しているところもさすがだ。
ap-bank
今年のap bank fesは、収益のすべてをap bank Fund for Japanを通じて、東日本大震災の復興支援に充てることが決定。このフェスに参加することで、少しでも被災地の復興の力になれると思うと、また違った気持ちで参加できることだろう。音楽の可能性をさらに広げてくれる、いい機会となるはずだ。
公演情報
ap-bank
オフィシャルサイトにて5/20(金)まで第2次抽選予約受付中
ap bank fes '11 Fund for Japan
7/16(土)〜7/18(月・祝)  つま恋(静岡県掛川市)

2011-05-16 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
tokufone2.jpg
2004年のデビュー以来、どこか懐かしいメロディーと、ハイセンスでオシャレな空気感が漂うサウンドで、音楽ファンから注目を集めているトクマルシューゴ。作詞・作曲、アレンジ、レコーディング、ミキシングを全て自身で手掛け、無数の楽器・非楽器による新しい響きと音色を生み出している。彼のCDは日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、韓国などでもリリースされるなど、その名は海外でも浸透している。日本では、無印良品ほかCM楽曲や舞台音楽でも活躍。また、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、朝霧JAM、COUNTDOWN JAPANなど数々のフェスに出演し、ライヴ・アクトの評価も飛躍的に高めている(今年4月のARABAKI ROCK FEST.11にも出演)。
フェスやライブで多くの観客を魅了する彼が「さまざまな作品をひとつひとつ大切に見てもらえるよう、また、その作品を知った人が『これを探していた』と思えるような機会をつくりたい」という願いのもと、6月12日(日)に埼玉・所沢航空記念公園の野外ステージでライブイベントを開催する(12:30開演)。その名も“トノフォン”(正式名「TONOFON FESTIVAL 2011」)。彼が至ってシンプルに好きなアーティストだけを集めたというこのフェスについて、「ひょっとしたら少し不思議な雰囲気のフェスになるかもしれませんが、楽しみに待っていてもらえるとうれしいです」と、控えめなコメントでPRしている。気になる出演者には、歌が聴こえてくるような飛び切り楽しいインスト・バンド“SAKEROCK”をはじめ、14人編成のアコースティック・オーケストラの“パスカルズ”、コアな音楽ファンから圧倒的な支持を受けている“山本精一&PHEW”、バンドAMAZONでベース、ヴォーカルを担当していた“王舟”らが名を連ねる。
トクマルシューゴを中心とした6月に行われるこのフェスは、きっと従来のロック・フェスとは違う、優しく、柔らかな空気が漂うはずだ。さまざまなジャンルのミュージシャンが、ゆるく、時に激しく音楽を鳴らす瞬間を、ぜひ青空の下で体感したい。
フェス情報!
TONOFON FESTIVAL 2011
6/12(日) 所沢航空記念公園 野外ステージ(埼玉県)
出演:トクマルシューゴ/SAKEROCK/パスカルズ/山本精一&PHEW/王舟(おうしゅう)
【トクマルシューゴ出演!】
ARABAKI ROCK FEST.11
4/29(金・祝)30(土) エコキャンプみちのく(宮城県)
出演:斉藤和義/毛皮のマリーズ/曽我部恵一/the telephones/The Birthday/
THE BACK HORN/他  ※出演日未定

2011-03-07 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☔   |  コメント 0
DGphotomain.jpg 日本一のクラブ・イベントへと成長した「WIRE」を主催し、世界的なDJとして活躍する石野卓球と、個性派俳優やタレントとしても活躍するピエール瀧による人気テクノ・ユニット、電気グルーヴ。最近では個々の活躍が目立っていたが、3月23日(水)、電気グルーヴとしての作品がついに発表されることとなった。
今回発表されるのはベスト・アルバム『電気グルーヴのゴールデンヒッツ〜Due To Contract』とPV集『電気グルーヴのゴールデンクリップス〜Stocktaking』。ベストアルバムには初期の名曲「富士山」「誰だ!」や、スチャダラパーとコラボした「聖☆おじさん」、最新シングル「Upside Down」など15曲を収録。彼らの名前が全国へと広がるきっかけとなった「Shangri-La」は、初期メンバーだった砂原良徳が再構築(リモデル)したバージョンで聴くことができる。
同時発売となるPV集は今まで発売された全28曲のPVを年代別にまとめたDVD作品。常に前衛的で先進的な彼らの映像は、とても見応えのあるものばかり。特に、2009年度文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞に輝いた「Fake it!」は必見。何十人ものビキニパンツ姿の男たちが延々と高飛び込みを繰り返す映像は、観る者を引きつけてやまない。
さらに、ロックファンの愛読書となっている「メロン牧場」の最新刊「メロン牧場――花嫁は死神4」も、同時リリースの翌週となる3月30日(水)に発売。さらけ出し過ぎと言ってもいい2人の素顔が満載のこのコラムは、彼らを知るには最適な内容になっている。爆笑必至のこの一冊はファンならずとも一度は読んでもらいたい作品だ。
こうして彼らの輝かしい活動の軌跡を見せられてしまうと、新たな一歩が気になるのは至極当然の心理。これまで前衛的に音楽シーンを突き進んできた彼らだけに、その次なる第一歩をどう踏み出すのか、注目したい。
石野卓球 出演イベント情報!
3/12(土) Heal Niigata 第8弾 WeSky a Go-Go!(新潟県)
3/25(金) Freestyle Lab Japan tour 2011(東京都)/他
CD情報
電気グルーヴのゴールデンクリップス
〜Stocktaking【DVD】【Blu-ray】
電気グルーヴのゴールデンクリップス
〜Stocktaking【DVD】【Blu-ray】

[DVD]3,990円(税込)
[Blu-ray]4,515円(税込)
3/23発売 KRE

2011-02-28 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
shibasakikou.jpg クールビューティーで近寄りがたいビジュアルながら、歌番組やトーク番組ではマイペースで天然な素顔をさらし、そのギャップからか世代を問わず多くの人から支持を集めている柴咲コウ。女優としてはビジュアルを生かしたクールな役から、メガネをかけボサッとしたヘアスタイルでその美貌を隠すような、ややイタイ役まで難なくこなすなど、その演技力は芸能界屈指といえよう。
そんな彼女が女優業と同様に力を入れているのがアーティスト活動。映画「黄泉がえり」(2002年)の劇中でカリスマシンガー・RUIに扮して歌った「月のしずく」が話題を集め、その後もソロ名義で楽曲を精力的にリリースしている。彼女が持つ歌唱力を十二分に証明するバラードはもちろん、キュートできらびやかなポップスまで歌うなど、楽曲ごとに雰囲気を変えてくる手腕はさすが女優。福山雅治とのコラボユニット“KOH+”でも、ロック色豊かな楽曲を歌いこなし、新たな一面を見せてくれた。
そして今年の第1弾シングルとして発売されたのが、ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」(毎週金曜夜10時、TBS系)の主題歌として起用され、
柴咲コウ CD情報
MUKEI SPIRIT.jpg
無形スピリット
(初回限定盤)【CD+DVD】
1,500円(税込)  発売中
NAYUTAWAVE RECORDS
すでにiTunesロックチャートで1位を記録した「無形スピリット」だ。激しいギターのカッティングとノイズが絡み合うイントロに度肝を抜かれた人も多いことだろう。そして徐々に入り込む彼女の優しくて愛らしい歌声は、激しいサウンドの上を楽しみながら跳ねるようで、とてもほほえましく、いつのまにか夢中になってしまう。そんなロックサウンドにのる歌詞は、柴咲自身が手掛けたもの。「今まで自分の脳味噌の中にあったものがそのまま出てきた感じです」と自ら語るその歌詞は、どこか哲学的で独特の感性が光っている。
昨年は初となる全国的なホールツアーも成功させ、もはや“女優”という肩書きは不要となったシンガー・柴咲コウ。ロック魂がぎっしり詰め込まれたこの楽曲は、彼女の今後の音楽活動へ向けての“本気度”を証明する作品となりそうだ。

2011-02-21 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
湘南乃風.jpg 力強いレゲエ・トラックにのせて、熱く、真っ直ぐなメッセージを届けてくれる人気グループ・湘南乃風。新曲「爆音男〜BOMBERMAN〜」は、“アメリカン・コミックのヒーローのように、そして、1本のハリウッド映画を観たかのような迫力のあるサウンドと、荒々しくも心に突き刺さる歌詞世界で表現した”という高速レゲエ・サウンドに、“最高の敵、自分に打ち勝て”というメッセージをのせ、多くの人に勇気を与えてくれた。また、PVも必見。運命的な使命を背負った4人が、“Musical Bomb”と“仲間との絆”の2つを武器に、さまざまな社会の闇におびえながら生きている命に希望を与えるため、世の中の腐敗を作り出す闇を一掃しに、連日連夜、音楽を爆発させていく、といった内容だ。アメコミ風のマンガが全編に織り込まれた、とてもエンタメ性の高い仕上がりになっている。
このような力みなぎる楽曲を聴いてしまうと、ライブに行きたくなるのが人情というもの。その心境をくみ取るかのように、湘南乃風から「今年の夏、約2年ぶりとなる全国ツアー開催が決定!」とのニュースが届いた。詳細は彼らの公式サイトにて発表される予定だが、発売前からプレミアムチケットになることは確実のようだ。
湘南乃風といえば、グループ本体の活躍はもちろんのこと、ソロでの活動も目覚ましい。すでにソロとしても大ブレイクを果たしているHAN-KUNに続き、若旦那もレーベルを立ち上げ、配信限定シングル「いのち〜桜の記憶〜」でソロデビューを果たした。この曲で若旦那は両親への感謝の気持ちを素直に歌っている。自らもMINMIと夫婦になって、親になることにより、さらに命の大切さを感じたようだ。さらに彼は難病の「ムコ多糖症」患者の支援、エイズ啓発活動など、社会貢献活動にも力を入れている。音楽を通して救うことのできるものを探して、彼は“音”を発信しつづけるようだ。さらに、湘南乃風のファッションリーダー・SHOCK EYEが、ポルノグラフィティの新藤晴一らとTHE野党を結成。まるで違うフィールドと思われる彼らとの化学反応は実に面白い。激しく鳴るギターの音色によく合うSHOCK EYEの歌声はとても新鮮だ。
大物や老舗バンドの解散ニュースが多い昨今の音楽業界だが、そんな暗いムードをせせら笑うかのように、常に現状に満足することなくネクスト・ステージに足を踏み入れようとする湘南乃風。彼らの発するメッセージとエネルギーを体感してほしい。
公演情報
THE 野党 遊説 2011 〜First〜
ポルノグラフィティのギター・新藤晴一と湘南乃風のメンバー
SHOCK EYEに、若手サウンドクリエーターの篤志が結成した
「THE 野党」の1stツアー、まもなく開催!
2/16(水)〜17(木) Zepp Tokyo(東京都)
2/21(月) 横浜BLITZ(神奈川県)
2/23(水) Zepp Osaka(大阪府)
2/27(日) 広島CLUB QUATTRO(広島県)
2/28(月) Zepp Nagoya(愛知県)
HAN-KUN 出演!
レゲエニキヲツケロ 2011 SPECIAL
2/26(土) なんばHatch(大阪府)
CD情報
『爆音男 〜BOMBERMAN〜』
湘南乃風
11th シングル (完全限定生産盤) 『爆音男 〜BOMBERMAN〜』【CD】
1,890円(税込)
発売中  トイズファクトリー
8:10pm.jpg
THE 野党
8:10 pm(初回生産限定盤)【CD+DVD】
3,500円(税込)
2/9発売 SME

2011-02-07 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
今井美樹.jpg
優しい歌声と落ち着いたたたずまいで男女問わず愛され続けている今井美樹。そんな彼女が今年、歌手デビュー25周年を迎える。アニバーサリーイヤー第1弾として、プロデューサーに布袋寅泰を迎え、2月9日(水)にシングル「memories」をリリース。この曲は数々の思い出とともに明日へと向かう門出の唄だそう。カップリングにはシンガー・今井美樹の魅力を余すところなく発揮した、大橋トリオとのコラボレーション・カヴァー「ラストダンスは私に」を収録。つねにチャレンジ精神を忘れない彼女の魅力が詰まった1枚になっている。
続く第2弾として、3月9日(水)には「25th Anniversary Premium BEST Album『Miki’s Affections アンソロジー 1986-2011』」をリリースする。“過去・現在・未来”というテーマのもと、25年間の軌跡をレーベルの枠を超えてオリジナル音源で初のパッケージ化が実現。時代を超えた25の名曲と3曲の新録から成る、ファンにはうれしいベスト盤となった。
このベストアルバムを引っ提げて、アニバーサリーイヤー第3弾となる全国ツアーも開催決定。詳細は今井美樹25周年特設サイトで随時公開されるのでチェックしよう。
そして彼女は現在、11年ぶりの連続ドラマ「冬のサクラ」(毎週日曜夜9時、TBS系)に出演中。先日行われた制作発表の席で彼女は『一度は(出演オファーを)丁寧に断ったのですが、いまは楽しく演じています』とコメント。オフィシャルサイトでも『この作品の中で、大切な探し物をみつける為の大きなチャンスをいただきました。この気持ちが、2011年の私のいろんなことに繋がっていくような気がしています』とつづっている。大人の魅力を十分にまとった彼女は、主演の草ナギ剛を相手に、11年前とは違った表情を見せてくれるはずだ。
歌でも演技でも、さらなるチャレンジを重ねている今井美樹。いつまでも美しく、光を放つ彼女の魅力をぜひアルバムとドラマ、そしてライブで感じてみては。
今井美樹 CD情報
memories memories [Single] [Maxi]
1,000円(税込)
2/9発売
EMIミュージック・ジャパン
今井美樹11.3.9AL『Miki's Affections アンソロジー 1986-2011』 Miki’s Affections
アンソロジー
1986-2011
<初回生産限定盤>【CD+DVD】
5,250円(税込)
3/9発売
EMIミュージック・ジャパン

2011-01-24 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
NHK紅白歌合戦 2010年も残すところあと少しとなり、毎年恒例の「NHK紅白歌合戦」(12/31(金)NHK総合ほか)の出演者が発表された。今年は現在大ブレイク中の嵐(2・以下カッコ内数字は出場回数)を白組司会に初起用し、若年層にもアピール。紅組司会も朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」のヒロイン、松下奈緒が初登板する。
今年のテーマは「歌でつなごう」。昨年までのお祭りムードは薄らぎ、あらためて“歌をじっくり聴かせる”という原点に戻った内容となる模様。
出演者には加山雄三(17)や郷ひろみ(23)、L’Arc〜en〜Ciel(4)といった久しぶりに名を連ねるビッグネームや、福山雅治(3)、坂本冬美(22)、平原綾香(7)、氷川きよし(11)といった、世代を超えて愛される歌を届けるアーティストが名を連ねる。その他、2010年の音楽シーンを彩った、水樹奈々(2)、FUNKY MONKEY BABYS(2)、flumpool(2)、Perfume(3)らも今年らしいメッセージを歌で届けてくれることだろう。
初出場となる5組は、植村花菜AAA(トリプル・エー)西野カナクミコHY。中でも亡き母との思い出をつづった、植村の「トイレの神様」は必聴だ。基本1組3分という約束を大幅に破り、9分半という大作を聴かせる予定。従来ならテレビサイズに楽曲をアレンジするのだが、この曲は物語仕立てになっているため、削れるところがないという。これも紅白の原点である“歌をじっくり聴かせる”というコンセプトのもとに生まれた、“例外”なのだろう。シャンソン歌手のクミコは、「原爆の子の像」のモデルとなった少女の思いを歌った話題の反戦歌「INORI〜祈り〜」を歌う。
61回目にして生まれ変わった紅白が、どんな展開を見せてくれるのか楽しみだ。
出演者情報
9/4(土)武道館公演、ライブレポートが到着! 2年ぶり、そして記念すべき10回目の開催となる 『福山☆冬の大感謝祭 其の十』、
ライブ・ビューイングが決定!

2010-12-20 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
ソノダバンド
メンバー全員が東京大学出身という6人組インストバンド・ソノダバンドが、10月20日、メジャーデビューという大きな夢をつかんだ。
彼らはキーボード担当の園田涼を中心に、ヴァイオリン(熱田哲)、チェロ(橋本怜)、ギター(赤股賢二郎)、ベース(牧瀬崇之)、ドラム(小山田和正)という一風変わった編成。ラテン、ジャズ、クラシックなどさまざまなジャンルの要素を織り交ぜながら、ポップでキャッチーなサウンドを6つの楽器で奏でてくれる。その幅広い音楽性が、いろいろな嗜好のファンの心を捉えて世代を超えて愛され、今回のメジャーデビューへとつながったのだろう。
「SUMMER SONIC 09」出演、「東京バンドサミット」国内1位獲得という華々しい経歴を経て、今年に入り初のアメリカライブ、初のフルアルバム発売とさらなる高みを目指して邁進。その整ったビジュアルと、音楽性の高さからメジャーデビューのニュースはメディアに大きく取り上げられた。だが、当のメンバーたちは「予想以上の反響に驚きつつも他人事のようです。これからも変わらず地道に頑張っていきたいと思います」といたって落ち着いた様子。
そんなマイペースな彼らの思いとは裏腹(?)に、10月20日に発売されたメジャー1stアルバム『ルネサンス』は、国内リリースと同時に、アメリカをはじめ世界22カ国でのiTunesによるアルバム配信デビューが決定した。現メンバーで活動を初めて3年、ソノダバンドの名前を日本中どころか、いきなり世界中にとどろかせる日は近いのかもしれない。
ライブ情報
◆「ソノダバンド」公式サポーターズクラブ
  <Rainbow>がスタート!
  登録無料・メールアドレスのみで登録できる
  公式サポーターズクラブ!!
◆ソノダバンドのHappy X’mas開催決定!
  チケットは<Rainbow>にて独占先行発売!!
CD情報
◆メジャーデビューアルバム
 発売中!!
ルネサンス
ルネサンス
2,300円(税込) 発売中
ビクターエンタテインメント

2010-11-01 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0