x.jpg

伝説のバンドX JAPANの再結成が遂に実現した。
以前から、何度も噂されてきた“再結成”だったが、解散から10年の月日を経て、それが現実となった。

X JAPAN(当時はX)は、82年、YOSHIKI、TOSHIを中心に結成。87年にはHIDE、PATA、TAIJI(現ベースはHEATH)を迎え、88年にデビューを果たす。 89年にはメジャーに進出し、「ENDLESS RAIN」「Forever Love」など、数々の名曲を生み出した。97年、TOSHIの脱退を機に解散を発表。2000年に再結成の予定もあったが、98年5月にHIDEが亡くなったことで実現することはなかった。

そういった経緯があるだけに、メンバーにとっても、ファンにとっても、今回の再結成は大きな意味があり、特別な出来事なのだ。

10月22日に東京・台場で、YOSHIKI、TOSHI、PATA、HEATHの4人が集結して、新曲「I.V.」のプロモーションビデオの撮影が行われたが、集まったファンの数はなんと1万人。その数からも、彼らへの期待の大きさがうかがえる。
「I.V.」は、亡くなったHIDEの未発表の音をサンプリングして取り入れられており、正真正銘X JAPANの新曲となっている。

この新曲「I.V.」のCDリリースは未定だが、ハリウッド映画の大ヒットシリーズ「SAW」の最新作『SAW4』(11月17日より全国ロードショー)のテーマ曲に起用されており、全世界に発信される。

先日、全米公開された『SAW4』は、興収は3210万ドルを記 録し、初登場1位という大ヒットスタートを切った。また、全米1位映画のテーマ曲を日本人が歌うのは前代未聞とのことで、日本でのヒットも必至。
そして来春、コンサートの開催も決定しており、X JAPANの今後にさらなる期待が寄せられている。

X JAPANをお気に入り登録して最新情報をGET!
okiniiriorange.jpg

2007-10-29 18:00 この記事だけ表示 | 東京 ☔   |  コメント 1
ORANGE RANGE0706.jpgLOVE PiECEサブアー写.jpg


堀北真希が“男役”に扮し、2007年7月クールの連続ドラマのなかでも高視聴率を得た『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系)。出演者には、タイトル通りいま注目のイケメンが勢ぞろい! 小栗旬をはじめ、生徒役として城田優、石垣佑磨、水嶋ヒロ、さらにゲイの先生という今までのイメージをくつがえす役に挑戦した上川隆也など、女性視聴者にはたまらないキャスティングも話題となった。

また、テンション高く、元気いっぱいにドラマを盛り上げてくれた大塚愛の主題歌『PEACH』、オレンジレンジによるオープニング曲『イケナイ太陽』も大ヒット。先日、近年の連続ドラマでは異例の最終回2時間スペシャルで放送し、惜しまれつつも終了した。

最終回は、続編やスペシャルの放送をにおわせるラストで終わったこのドラマ。どうやらその可能性もあるとのこと。出演者たちの素の表情を閉じこめたメイキングブックや、サウンドトラック、さらには原作マンガに浸りつつ、じっくりとその放送を待っていよう。

makingbook.jpg
☆花ざかりの君たちへ メイキングブック
1,500円 (税込) 発売中
ワニブックス



hanazakarimanga.jpg
☆原作マンガ「花ざかりの君たちへ」
750円 (税込) 発売中


hanazakarisound.jpg
★「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」オリジナルサウンドトラック
3,059 円(税込) 発売中
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ


ikenaitaiyou.jpg
★イケナイ太陽/ORANGE RANGE
816円 (税込) 発売中
ソニーミュージックエンタテインメント


PEACH.jpg
★PEACH/HEART(DVD付)/大塚愛
1,890円(税込)発売中
エイベックス・エンタテインメント


2007-09-25 18:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
0918topicsa.jpg


今夏、日本テレビ系で放送されていた人気ドラマ「ホタルノヒカリ」で、ヒロイン・綾瀬はるかの恋人役として大抜擢された新人・加藤和樹。端正な顔立ちとクールな存在感に「このイケメンは誰?」と気になった人も多いだろう。

彼の出身は、小池徹平などを輩出している「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」。優勝こそ逃したものの、その後すぐに人気ミュージカル『テニスの王子様』や、『仮面ライダーカブト』(テレビ朝日系)に出演し、着々と俳優としての地位を築いてきた実力派なのだ。
そんな彼のもう一つの顔がシンガーなのはあまり知られていない。すでにアルバムを1枚発売しており、全国ツアーも経験済み。さらには今年からエイベックスに移籍し、10月3日にはニューシングル「impure love」のリリース、13日には東京・日比谷野外大音楽堂でのライブ「Kazuki Kato Live“GIG”2007-BATTLE of HIBIYA-YAON-」が控えている。この曲は、ドラマでの繊細なイメージとは正反対の力強いボーカルを聴かせる、歪んだギターリフが印象的なロック・チューンだ。さらにカップリング曲では彼自身が作詞を担当するなど、あふれる才能を開花させている渾身作となっている。
各界の“王子”が騒がれている昨今、これからシンガーとして、役者として、さらなる飛躍が期待される加藤和樹に注目しておこう。


■公演はこちら
Live DEPT.4
出演:AAA/加藤和樹/他


0918topicscd.jpg
■impure love(DVD付)
1,890円 (税込)10月3日発売
エイベックス・エンタテインメント



2007-09-18 18:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
4月に発売されて以来、30万枚を超えるロングヒットを記録しているコンピレーションアルバム『R35 Sweet J-Ballads』。ここには、CHAGE and ASKAの「SAY YES」、米米CLUBの「君がいるだけで」など、90年代前半に放送されていたドラマの主題歌を中心に、ミリオンセラーを記録した曲が多く収録されている。ターゲットはドラマ放送当時に10代〜20代だった、青春時代をこの曲たちとともに過ごした人たち。その狙いは見事に的中し、このアルバムの収録曲をメドレーで歌うというカラオケ業界をもにぎわせる結果となった。この成功をきっかけに、同じようなコンピレーションアルバムが続々と発売し始めている。

なかでも注目すべきなのは、8月にソニーから発売された『クライマックス〜ドラマティック・ソングス〜』。ここにはドラマ「ロングバケーション」の主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」や、「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブストーリーは突然に」など、90年代のトレンディードラマ全盛期を彩った主題歌たちが全部で30曲収録されている。
シングル曲を必死にカセットテープに録音して自分だけの“コンピカセット”を作った人たちが当時を懐かしむもよし、若い世代の人たちが新鮮な気持ちで聴くもよし。さまざまな世代の人たちがいろいろ楽しめる“コンピアルバム”の次の流れは?

r35.jpg
R35 Sweet J−Ballads
2,630円 (税込)
発売中 
ワーナーミュージック・ジャパン


climax.jpg
クライマックス〜ドラマティック・ソングス〜
3,150円 (税込)
発売中 
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)



2007-09-10 19:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
RSP

「♪一生一緒にいてくれや」という印象的な歌詞をレゲエサウンドに乗せて歌い、2001年にジャパニーズ・レゲエとしては初のオリコン一位を記録した三木道三の「Lifetime Respect」。現在、この曲の歌詞を女目線でアレンジした「Lifetime Respect-女編-」が、ノンタイアップながら、“レコ直♪週間ランキング”で1位を獲得、新人ながらも「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)へ出演するなど大ブレイクを果たしている。

この曲を歌っているのは、関西で活動している女性ボーカル2名+男女各2名のダンサーからなる6人組ストリート・ユニット、RSP。HIPHOP・R&Bダンスユニットを結成してデビューさせるオーディションプロジェクトで5000組を超える候補者から選ばれて2006年に結成。関西ではすでに一目置かれる存在であり、この曲で全国的に知名度を高める結果となった。
同曲は三木道三の原曲の声をサンプリングしたアンサーソングという形式。プロポーズを歌った原曲に応える形で、女性目線で出産願望や幸せな家庭を築く夢などが語られる内容はとても興味深い。これを機に、耳なじみのいい過去の曲に別のアーティストがアンサーソングをリリースするという形で新旧の曲がミュージック・シーンをにぎわせることになると、面白いことになりそうだ。

RSPCD
Lifetime Respect-女編/RSP

1,223円 (税込)
発売中 
ソニーミュージックエンタテインメント
タグ:三木道三 RSP
2007-09-03 19:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
gackt_ab.jpg
井上靖の不朽の名作をドラマ化した戦国ロマン大河『風林火山』(NHK、毎週日曜夜8:00放送)。内野聖陽演じる、武田軍の孤高の軍師・山本勘助の前に立ちはだかる越後の龍・上杉謙信を、大河ドラマ初出演となるGacktが演じている。一見意外に思えるが、少し変わった性格ながらも、圧倒的な存在感で人々を引っ張っていくという役柄は、孤高の雰囲気を持ちながらも親しみやすく、多くのファンに愛されているGacktと重なり、ハマリ役といってもいいだろう。劇中でも、彼なりの表現で衣装や髪型にこだわるなど、全身で上杉謙信役を楽しんでいるようだ。
本業である歌手活動でも、この役をほうふつとさせる、刀を持ったアーティスト写真を使用したニューシングル『RETURNER〜闇の終焉〜』が6/20に発売した。この曲は現在公開中の映画『プレステージ』の日本語版主題歌としてもオンエア中。激しくも切ないロックチューンだ。鎧を着て馬に乗り、戦う姿が映し出されたPVは初回盤に収録されるので、こちらも注目してほしい。“剣士”Gacktというまた新たなイメージが作られそうだ。
2007-06-22 17:25 この記事だけ表示   |  コメント 0
0618topix_a.jpg

 最近、“GReeeeN”(グリーン)という不思議な名前をよく見かけないだろうか?
彼らは、歯科医を志す現役医大生4人からなる異色のミクスチャーグループで、テリー伊藤が同曲のビデオクリップの監督を務めたことでも話題となっている。ちなみに、「e」の数は4人組ということ、ロゴマークは彼らの志す“歯”をイメージしている。そんな彼らだが、学業に専念したいという理由から、アルバムジャケットやPVはもちろん、テレビにも雑誌にも登場しない。(というわけでこの記事に使っているアーティスト写真もご覧の通り)しかし、それが逆に聴き手の興味をあおり、さらに話題になっているのだ。
そんな彼らが鳴らす音は、ヒップホップとロックを基盤としたミクスチャー。ポップで聴きやすいサウンドに、素直なメッセージを乗せているのが特徴で、先日発売された『愛唄』は、ノンプロモーションにもかかわらず、6/18付けのオリコンチャートでは4位にランクイン。6/27に発売されるファーストアルバム『あっ、ども。はじめまして』で、本格的なブレイクが期待できる。アルバムのリリースもあるだけに、次はライブで…と言いたいところだが、そこは学業との両立が最優先。後悔しないためにも覆面バンド“GReeeeN”の今後の情報に敏感になっておこう!
タグ:GReeeeN
2007-06-15 14:37 この記事だけ表示   |  コメント 0


2005年に山口百恵トリビュートミュージカル『プレイバックpart2〜屋上の天使』主役オーディションで、応募総数9621通の中から見事グランプリを獲得し、芸能界入りした高畑充希。弱冠15歳ながらもその演技力に注目が集まり、松山ケンイチが主演を務める7/7(土)に全国公開される映画『ドルフィンブルー フジもういちど宙へ』の出演が決定した。
しかし彼女の魅力は演技だけにとどまらず、ミュージカルでの歌声のすばらしさが各方面へと知れわたることになる。その後、彼女の“美声”に魅せられたコブクロの小渕健太郎が自らプロデュースを引き受け、このたび6/20(水)に、“みつき”名義での歌手デビューが決定したのだ。その曲が、映画『ドルフィンブルー〜』の主題歌となったデビュー曲『大切なもの』。さらにカップリングには、松山ケンイチと大後寿々花の出演で話題を集めるドラマ『セクシーボイス アンド ロボ』(毎週火曜夜10時、日本テレビ系)の主題歌『ひとつだけ』を収録。この曲を提供したのは、コブクロとも親交が深く、彼らが兄と慕うシンガー・ソングライター、馬場俊英。2曲とも心温まるやさしいミディアムチューンに仕上がっている。
また、この夏には、彼女を完全バックアップしているコブクロと馬場俊英の全国ツアーが開催される。コブクロのチケットはすでに完売してしまったが、馬場俊英のチケット発売は6/2。新人のみつきの魅力を“見破った”男たちのパフォーマンスはもちろん、みつきのツアー開催のニュースが待ち遠しい。

★主演ミュージカル「ピーターパン」は2007年夏に開幕!   彼女の初々しい動画メッセージはこちらでチェック!
大切なもの(初回限定盤)(DVD付)[Single] [Limited Edition] みつき
2007/6/20発売  (画像をクリックするとAmazonでご購入できます)
2007-05-21 11:22 この記事だけ表示   |  コメント 0

1990年にデビューし、わずか10カ月で衝撃的解散に至った伝説のビジュアル・バンド、D'ERLANGER(デランジェ)。その活動期間中にリリースしたアルバムはわずか2枚ながら、後続のバンドに多大な影響を及ぼした。再始動後の3/14にリリースしたアルバム『LAZZARO』は初回プレス分をあっさりと完売し、しばらくは入手困難な状態が続くなど、17年のブランクをものともしない人気ぶりを見せつけた。
その作品を引っ提げて、彼らは4月22日に東京・日比谷野外音楽堂で17年ぶりとなるライヴを敢行。当日のチケット3000枚はプラチナチケットとなり、手に入れることのできなかったファンが会場の周りにあふれるほどだった。そんな彼らの“降臨”に、BUCK-TICK、L'Arc〜en〜Ciel、Dir en greyのメンバーや、吉川晃司、INORANら大物アーティストが多数駆けつけるなど、その人気を実証。当日は、『LAZZARO』からの新曲や過去の代表曲も含めて全18曲を披露し、会場は最高の盛り上がりを見せた。
このツアーのチケットはすでに完売してしまったが、彼らはまだ復活したばかり。これから目の当たりにできる機会はまだまだあるハズ。彼らの復活は、いまだにカルト的人気を誇るバンドの多いビジュアル界だけでなく、音楽界全体にどのような影響を及ぼすのか。会場に駆けつけた大物アーティストの顔ぶれを見ていると、何かを期待せずにはいられない。

2007-05-14 19:03 この記事だけ表示   |  コメント 4

 今回は、音楽ファンだけでなく、業界も騒然とするほどの大型新人、Superflyをご紹介。
 彼らは2004年、地元愛媛県の大学サークルを通じて知り合い結成した、越智志帆(vocal)と多保孝一(guitar)による男女二人組。その評判は全国へと広まり、今年の4月4日にレコード各社争奪戦の上、シングル「ハロー・ハロー」でワーナーミュージック・ジャパンからデビューを果たした注目バンドだ。
 細い体からは想像がつかない、神秘的で、体中から溢れ出るような圧倒的な歌声と、ブルース、ソウルにポップス、カントリーなどのジャンルを飲み込み、“Superfly”色に染め上げた独特なメロディーは新人とは思えない存在感。とくにライブは評判で、見た人すべてを虜にするというほど。4月6日(金)に放送された「MUSIC STATION」(テレビ朝日系列)にも出演し、堂々としたパフォーマンスを披露した。
 フレッシャーズが町中にあふれるこの時期、音楽界にもまた、すごい“新入生”が現れた。

←デビュー・シングル「ハロー・ハロー」をGET!
「ハロー・ハロー」PV&TVスポット到着!キラキラの歌とギターを映像でCHECK⇒⇒⇒
H.I.P. Official Blogでも強力プッシュ!H.I.P.が語るSuperflyの魅力とは…⇒⇒⇒

★★★ Live情報 ★★★
4/14(土)「NEW BREEZE」
 @大阪城野外音楽堂 AM10:00〜1500円のFestival!

4/29(日)「ARABAKI ROCK FEST.07」
 噂の東北ロックフェス!29日に登場
 @エコキャンプみちのく

5/6(日) 「J-WAVE LIVE〜SPRING!」
 with/ウルフルズ/アンジェラ・アキ/フジファブリック
 @SHIBUYA-AX

5/10(木)「スペースシャワー列伝〜幟(のぼり)の宴〜」
 with/オトナモード/秦基博
 @渋谷 DUO Music Exchange

2007-04-09 16:51 この記事だけ表示   |  コメント 0