SCANDAL.JPG
ブレザー姿にストレートのロングヘア。一見すると、いまどきのキュートな女子高生という4人が楽器を持つと豹変するという、何とも興味深いロックバンド・SCANDALが、10月22日にシングル「DOLL」でメジャーデビューを果たした。
愛らしい顔からは想像もつかないギタープレイと、髪を振り乱しながらマイクをつかみ、叫ぶように歌う姿は、目を離すことができないほど衝撃的だ。そんな彼女たちが鳴らすのは、アグレッシブなガレージ・ロック。まだまだ荒削りな面はあるものの、彼女たちが純粋に音楽を“楽しんでいる”感がにじみ出ていて、聴いていてとても爽快な気持ちにさせてくれるのだ。

SCANDAL「DOLL」.jpg
DOLL [Single]
1,020円(税込み) 発売中
ERJ(SME)
…と、彼女たちを紹介するにあたって、そのキュートなビジュアルや女子高生というキャッチーな情報が先行してしまいがちだが、すでにインディーズで確かな実績を積んでいる実力派なのだ。
今年、インディーズシングルとして発売された「恋模様」と「カゲロウ」は、TOWERインディーズチャートにて連続1位を獲得、さらにアメリカで行われたカルチャーFes「Sakura-Con」に招待され、全米6大都市ツアーを敢行。そのほかフランス、香港などでライブを経験済みという、まさに“SCANDAL”を巻き起こす、勢い溢れるバンドなのだ。

彼女たちが力強く歌う歌詞の中には、“今”を生きる女子高生のリアルな心情が赤裸々に描かれている。10代特有な純情な心と、どこか背伸びをした心、そして世間を斜に構えてみるかのような冷静な心など、移ろいやすい独特な気持ちを、ぜひSCANDALの楽曲で体験してほしい。


2008-11-04 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
矢島美容室 とんねるずとDJ OZMAがプロデュースする新人ユニット“矢島美容室”が、10月29日(水)についにデビューをする。それにしても、この矢島美容室っていったい何者なのか!?

彼女たちは、アメリカ・ネバダ州出身の母娘による3人組ユニット。
母マーガレット(36)、その子ナオミ(17)とストロベリー(11)姉妹という、強烈な個性を放つ3人で構成されている。きらびやかな衣装に身を包み、まるでドリームガールズのようにセクシーなダンスを踊りながら日本への歌を歌う。
すべてがコミカルで、一聴すると爆笑してしまうが、よくよく聴くとそこはDJ OZMAの手腕がキラリ。何度も聴きたくなるクセになるようなサウンドと、ちょっぴり切なさを感じさせるメロディーに仕上がっているのだ。

しかも母マーガレットの歌唱力が半端ない。本物のR&Bシンガーのように色香を持つのだから、また面白い。そしてストロベリーのどう見ても下品に見えてしまう(!?)ダンスと、セクシーでなまめかしいナオミのダンスはぜひDVDでチェックしたいところ。

彼女たちが日本でこの曲をリリースするのには訳があった。それは、この曲が大ヒットすることにより、行方不明になっているマーガレットの夫であり、ナオミらの父である日本人“ヤジマ”が名乗り出てくれるのでは…という期待があるのだ。

よくよく見ると、あれ? とんねるずとDJ OZMA本人(!?)…と思われるかもしれないが、あくまでも別人だという。彼らの最終目的はNHKの「紅白歌合戦」に出場すること。とんねるずとDJ OZMA、2組とも過去に“紅白”で苦い思い出を残しているので、今回このユニットでリベンジをかけたいのだそうだ。

はたして大みそかの夜に彼らの姿は見られるのだろうか!?


2008-10-14 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
flumpool

YUI、EXILE、絢香など、実力派人気ミュージシャンが起用されていたLISMOのCMソングの新しいバージョンが誕生した。
あのおなじみの白いリスが、なにやらイケメンのバンドの演奏の中を駆け回るという、とても印象的な構成になっているが、“いったい、彼らは誰?”とすでに話題になっている。

彼らの名前はflumpool(フランプール)。
まだ結成して2年も経たないキャリアだが、昨年に発売された自主販売CD「ミライカナイ」に収録されている「labo」のPVが、インディーズの登竜門である「indiesmusic.com」の週間PVアクセスランキングで歴代1位を記録。さらに、同年、CDTVの8月度エンディングテーマに起用された経験の持ち主なのだ。そしてついにメジャーデビューシングル「花になれ」の発売が決定し、この曲が大ヒット確実とも言えるLISMOのCMソングに起用された。

彼らの魅力はエモーショナルなギターロック・サウンドと、哀愁漂うボーカル・山村隆太の歌声。
全員が20代前半という若さからくる、どこかあどけない表情と、ピュアさ、そして真っ直ぐに飛び込んでくる力強いメッセージが、聴き手の心をグッとつかむ。さらに、容姿端麗ときたら、ブレイクの要素がぎっしりと詰まっている。

そして、さらにブレイクを後押しするニュースが飛び込んだ。彼らの新曲「Over the rain〜ひかりの橋〜」が10月からスタートするドラマ「ブラッディ・マンデイ」(毎週土曜夜7:56〜、TBS系)の主題歌に抜擢されたのだ。そのドラマ放送中にも、11月19日にデビューミニアルバム『Unreal』をリリースするなど、話題に事欠かない。

9mm Parabellum Bulletや、NICO Touches the Wallsなど良質なロックバンドが続々とブレイクしている今年。秋から年末にかけて、flumpoolは台風の目となりそうだ。


nopicture.jpg
Unreal
1,890円(税込み) 11/19発売
A-Sketch
【flumpool出演!】
秋の音
11/16(日) Shibuya O-Crest

[出演]The Magical Steppers./ボブとモヒカン/flumpool
2008-10-06 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
BAReeeeeeeeeeN 最近CMやUSENでよく耳にする、どこかで聴いたことのある歌声とメロディー…。
“一体誰だ?”と話題になりながらも、正体を一切伏せていたBAReeeeeeeeeeN(バリーン)がUSEN、レコ直で堂々の1位を獲得。聴き手の間で「あのメンバーなのでは?」などとさまざまな憶測が飛び交う中、10/1のCDリリースを前に、ついに彼らの正体が明かされた。

この印象的な名前から分かるように、ユニットの核となるのはあの4人組ユニットGReeeeNのメンバー。
さらにGReeeeNのHIDEの兄でもあり、プロデューサーでもあるJINと、5人組ミクスチャーバンドBACK-ONの、計10人から結成されたユニットなのだ。そして気になる”e”は、その構成人数を表す10個。さらにこの”e”は、規則として“確実に2秒以上発音しなくてはいけない”という遊び心も込められている。

デビュー曲となる「足跡」は、おなじみのポジティブで爽快感あふれるGReeeeNサウンドに、BACK-ONの高速ラップが絡む斬新なナンバーに仕上がっている。双方のファンはもちろん、今まで彼らの音楽を聴いたことのない人たちにも、まっすぐなメッセージとノリのいい楽曲は気持ちよく響くことだろう。

そしてもう1つ。どうして彼らの曲がリリース前にここまで多くの人に届いたのかというと、コラマーシャル(コラボレーションコマーシャル)がテレビ朝日で大量オンエアされていたからなのだ。
CASIO EXILIM・mu-mo・キリン スムースが彼らとコラボし、それぞれの企業CMで楽曲が流れ、さらにCMの最後に彼らのロゴマークが表記されるという仕組みになっており、以前はASIAN2がこの手法を使い、ブレイクを果たした。より多くこの楽曲を耳にする機会があり、さらに謎多き存在だったこと、これが今回ヒットにつながったきっかけだったのかもしれない。

彼らの今後の活動はまだ明らかになっていないが、音楽業界を活性化させる話題の存在だけに次回作も期待したい。


足跡.jpg
足跡 [Maxi]
1,000 円(税込み)  10/1発売
カッティング・エッジ
【BACK-ON 東京公演】発売中!
10/9(木) SHIBUYA BOXX
2008-09-29 15:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
ヘキサゴン.jpg

おバカタレントで結成された大人気ユニット・羞恥心(つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹)や、Pabo(里田まい、スザンヌ、木下優樹菜)などを輩出したフジテレビ系のクイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(毎週水曜夜7時)。
彼らの大ヒット曲はもちろん、2組を合体させたアラジンなどの楽曲を集めたコンピレーションアルバム『WE LOVE ヘキサゴン』(10/22発売・ポニーキャニオン)に向けて、新しいユニットが次々と誕生している。

まず1つ目はすでに歌手としてブレイクしているmisonoと、“歌がうまい芸人”として名を馳せている品川祐(品川庄司)によるユニット“misono & ヒロシ”。パワフルな2人の歌声が絡み合うハーモニーは、アイドルユニットとは違う魅力を味わえるハズだ。

そして、もうすでに番組内でライブを披露している“エアバンド”。
彼らは、歌唱力というよりも男前という面が買われた芸人、岡田圭右(ますだおかだ)と庄司智春(品川庄司)のツインボーカルで、エアギターの先駆者・金剛地武志、エアドラム・波田陽区、エアベース・山根良顕(アンガールズ)、エアキーボード・田中卓志(アンガールズ)という奇妙な面子からなる、バンド名の通り楽器を持たないバンドだ。
アラジン.jpg すべて“エア”によるパフォーマンスだけに、臨場感はあるが、どこかマヌケな印象を与えるのも狙いの1つ。しかし、意外なのがこの出来栄え。庄司と岡田のかすれた力強い歌声は、バンドブームで流行したロックンロールを彷彿とさせ、聴く者は思わず拳を握ってしまうほどだ。

“ヘキサゴンオールスターズ”名義で発売されるアルバム『WE LOVE ヘキサゴン』には、新ユニットの楽曲はもちろん、羞恥心、Paboのみの曲も収録される。さらに限定版にはDVDとフォトブックが付くという豪華な仕上がり。いま一番勢いがあり、社会現象にまでなっている彼らの楽曲を十二分に楽しめるアルバムになっていることは間違いない。


2008-09-22 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
A写.jpg

今やJ-POP界を支えるレコード会社と言っても過言ではないエイベックスから、また新たなスターが誕生した。その名もGIRL NEXT DOORだ。
男性2人とボーカルの女性1人で組まれるこのユニットは、デビュー曲「偶然の確率」が着うた(R)で先行配信され、230万回の楽曲試聴を記録。さらにラジオでは34局のパワープレイを獲得するなど、リリース前からすでに話題になっていた。
そして、満を持してリリースしたCDは、オリコン初登場3位となり、デビューから瞬く間にトップアーティストの仲間入りを果たした。

このシンデレラストーリーの主役となる、“次の扉を開ける女のコ”としてボーカルに選ばれたのは、現在22歳の千紗。
エイベックスが主催するスクールに通い、同事務所に所属するアーティストのバックダンサーを務めるなどして、経験を積んできた努力家のキュートな女のコだ。彼女のパワフルな歌声と、エイベックスが得意とする90年代に流行したユーロビートを現在風にアレンジした楽曲は世代を超えて愛される結果となった。

そんな彼らが一番伝えたいというメッセージは、“努力すれば夢は叶う”ということ。スクールで何年も下積みをし、ダンスやボーカルレッスンなどを経て、やっとデビューをつかみ取った千紗が歌うからこそリアリティのある彼らの楽曲を、堪能してほしい。

そんな彼らは早くも2nd両A面シングル「Drive away/幸福(しあわせ)の条件」の発売が決定している。「エイベックスといえばGIRL NEXT DOORと言われるようになりたい!」という彼らの“快進撃”は、まだ始まったばかりだ。


2008-09-16 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
J(S)W.jpg

昨年から今年にかけて、X-JAPAN、米米CLUB、筋肉少女帯、D’ERLANGER、LUNA SEA、TM NETWORK、C-C-B、あみん、サニーデイサービス、甲斐バンドなど、数々の伝説を生んだバンドが再結成を果たしている。

そして、“ジュンスカ”の愛称で知られる伝説のロックバンド、JUN SKY WALKER(S)は今年結成20周年を迎えるにあたり、昨年1年間という期限付きで突然の再結成。
バンドブームのころに影響を受けた世代から歓喜の声が上がった。そんな彼らが9月10日に新曲「青春」をリリースする。“生きている限り青春は終わらない”と、彼ららしいメッセージを盛り込んだ新曲が楽しみだ。

そしてこの曲を引っ提げて、20周年を記念したアニバーサリーライブツアーを開催。すでに発表されていたライブ会場のほか、日比谷野外大音楽堂や大阪城野外音楽堂でのライブも決定した。ここでは往年のヒット曲はもちろん、彼らだけでなくリスナーの思いが詰まった楽曲を存分に披露してくれることだろう。

さらに8月30日から、全国9か所で上映を開始した彼らのドキュメント・ムービー「MY GENERATION」が9月20日から拡大公開されることも決定。過去と現在を凝縮した彼らの“伝説”を目の当たりにできるので、ファンだけでなく、ジュンスカを知らない世代も当時の“熱い何か”を感じ取れるに違いない。

1年という期限はもうそこまで来ている。しかし、ここまで大きくなった反響を、彼らがいかに受け止め、今後につなげるかも注目したい。


青春.jpg
青春 [Maxi]
1,000 円(税込み)  9/10発売
TOY'S FACTORY Inc.
JUN SKY WALKER(S)
20周年を記念したアニバーサリーライブツアー!

10/18(土)大阪城野外音楽堂
10/25(土)26(日)日比谷野外大音楽堂 /他

日比谷野外大音楽堂公演は9/10(水)18時まで
プレオーダー受付中!
2008-09-08 15:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
24hourTV_SPEED_.jpg

'96年にシングル「Body & Soul」でデビューし、'90年代を代表するアーティストとなった4人組ユニット・SPEED。

'99年に解散をしてからソロ活動をしていたが、その後、'95年に起きた阪神・淡路大震災のチャリティーのために'01年に1日だけの再結成。
また、'03年に「Save the Children with Love!」キャンペーンで2度目の再結成を果たした。そして、今回の「24時間テレビ31 愛は地球を救う『誓い〜一番大切な約束〜」で行ったライブが3度目の再結成となる。

今回の再結成のきっかけの1つとなったのが、メンバーである今井絵理子の長男・礼夢(らいむ)君だ。
礼夢君は生後3日目の検査で両耳の聴力がないことが発覚。自分の歌声を聴かせることを楽しみにしていた今井は、「こんなに涙って出るんだっていうくらい泣いた」と告白。しかし、泣きはらした後、「泣くのは礼夢に失礼。障害は個性と受け止め、前向きに歩いていこう」と決心したという。

出産後、歌うことをあきらめ、専業主婦になろうと思っていたが、ある日、今井が歌う姿を見て、礼夢くんは笑顔を見せたという。歌が持つ力を信じ、今回、歌う姿を礼夢くんに見せたいという願いが今井とメンバーの心を動かした。

24時間テレビでは、「ALIVE」「White Love」「STEADY」「Body & Soul」などのヒット曲をメドレーにして披露。
’99年の解散前と変わらぬ圧倒的でキレのあるダンスと、少し大人になり表現力を増した歌声を、会場となった東京・日本武道館中に響かせた。
決して影を感じさせることなく、ただポジティブな空気に溢れた4人の姿は、きっと多くの人に勇気を与えたはずだ。なお、4人の今後の活動は未定だそう。

2008-09-01 16:00 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0
九州男.jpg
2000年になってから、湘南乃風やケツメイシなどのジャパニーズ・レゲエが、音楽シーンに浸透。すでにJ-POPとの垣根がなくなるほど人気を集め聴き手が広がった今、さらなる飛躍を期待されるのが、現在中高生を中心に人気を集める “九州男(くすお)”だ。

彼は名の通り九州・長崎出身のシンガー・ソングライター。19歳でレゲエと出合い、21歳で単身、レゲエの本場・ジャマイカへ渡り、2年間滞在した。その後、帰国し、本場で学んだレゲエを日本語でアレンジした楽曲に変換。活動拠点を関東に移して現在に至る。

と、プロフィールを連ねるとレゲエ一本のストイックなアーティストのような感じがするが、そうではない。彼の音楽にはレゲエという芯を崩すことなく、ポップス性も大事に残し、聴き手を選ばない。さらに彼の曲には、“九州男児”らしく、必ず力強い、素直で、こちらが恥ずかしくなるくらいの真っ直ぐなメッセージが込められている。
そのメッセージは「友情」「愛情」など誰もが大事にしているものが中心。だからこそ、多くの人の心をつかむのだろう。

その着実な活動が実を結び、先日リリースされたアルバム『HB』は評判となり、オリコン週間チャート2位まで上昇。これを機に多くの人に彼の音楽が届くこととなった。

その話題性から、今年は夏フェスにも多く登場する。この暑い夏に負けない、熱く、力強い九州男のメッセージを生で感じ取ってみてはいかがだろうか。



「HB」.jpg
HB
2,500 円(税込み)  発売中
NIPPON CROWN CO,.LTD.
【発売中!】
Vibes Up!! Maximum Vol.6
9/23(火・祝) アクトシティ浜松 展示イベントホール
出演:RYO the SKYWALKER/PAPA B/MEGARYU/PANG/Metis/PAPA U-Gee/Jr.Dee/Ailie/HOME GROWN/RAGGAMATIX/BAGDAD CAFE THE trench town/九州男/C&K/PHATTY MARIA/Revolution Gang
【発売中!】
福岡レゲエ魂 2008
9/27(土) 海の中道海浜公園 野外劇場
出演:C&K/Danger Shu/ENT DEAL LEAGUE/Fat Smith/FIRE BALL/GUAN CHAI/JING TENG/九州男/Metis/MOOMIN/PANG/PAPA B/RYO the SKYWALKER/HOME GROWN/CHOMORANMA/他



2008-08-18 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0
John-Hoon.jpg
優しい瞳に甘い口元…。日本でも好評を博した韓国ドラマ「宮」で注目を集めたJohn-hoon(ジョン・フン)。
しかし、その後の出演作ではその華やかなビジュアルとは裏腹にわき役が多く、さらに2006年からは歌手活動も始めたが、ヒットへとはなかなか結び付かなかった。

だが、この夏、地道な活動と実力、そして努力が実を結び、ついに日本でもブレイクの予感だ。

その発端となったのが7月にリリースされた新曲「君を守りたい」。ジョンフンが出演するドラマ「魔女ユヒ」のイメージソングとなったこの曲は、オリコンデイリーチャートで発売日に初登場3位を記録。さらにウィークリーチャートでは4位にランクインした。

そして、同タイミングであの北野武のバラエティー番組「たけしのコマ大数学科」(毎週木曜、フジ系)で数学における才能を開花するやいなや、本人のブログに1000以上のコメントが寄せられるなど、多方面で注目を浴びる結果となった。

素顔が徐々に明らかになっていくにつれ、さまざまな才能を見せてくれる彼は、1980年生まれの現在28歳。

2000年に「UN」というユニットで歌手デビューを果たし、その後2005年に解散。その年から日本で俳優としてもデビューし、その愛らしい姿と演技力で注目を浴びることになった、いわば遅咲きのアーティストだ。

日本では、2006年にミニアルバム『5 Stella Lights』でデビュー、そして、2007年に古内東子作詞による1stマキシシングル「SAD SONG」をリリース。その後しっとりとしたバラードを中心に美声を聴かせて徐々にファンを増やし、今回、この「君を守りたい」がついにスマッシュヒットとなった。

“韓国の東大”と言われる名門・ソウル大学に在籍していたという頭脳明晰な一面を生かし、現在は、バラエティー番組にも進出中。ダジャレに凝っていることなどもブログで公言するなど、親しみやすいキャラクターのようだ。

まだまだ注目を集める韓流アーティスト。まるで弟のような可愛らしいキャラクターの彼が、一世を風靡する日が近いかもしれない。



2008-08-04 18:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 1