世間を騒がすスポーツ界のニューヒロイン“オグシオ”とは?[スポーツ]
ogushio.jpg

マイナースポーツとして、なかなか日の目を見ることがなかったバドミントン。そんなバドミントン界からニューヒロインが誕生した。小椋久美子と潮田玲子からなる“オグシオ”ペアだ。

9月12日に東京体育館で行われたヨネックス・オープン・ジャパンでは、彼女たちの姿を見ようと平日の夜にもかかわらず、なんと2000人を超える観客が詰めかけるという熱狂ぶり。その人気はとどまることを知らず、9月10日には日本バドミントン協会公認のもと“潮田の汗、小椋の目線と筋肉”をキーワードに、写真集「オグシオ公式写真集 ROAD TO BEIJING」を発売。水着などの露出がないにも関わらず、発売日初日の午前で初版の1万5000部の50%を売り上げるという爆発的なヒットを記録した。いまやバドミントン選手という枠を超えて活躍を続けている。

ルックスの面に注目が集まりがちだが、本業の方でも大きな期待を背負う。二人は高校1年の合宿で、たまたまダブルスを組み、息の合ったコンビネーションを見せて互いに惹かれていった。そして、三洋電機への入社を決めていた小椋が潮田へラブコールを送ったことで誕生した“オグシオ”ペア。初速230キロといわれる世界トップレベルのスマッシュを持つ小椋に、キレの良いショットから相手ペアの足並みを乱す潮田。2年目の’04年、全日本社会人選手権で優勝すると、ことしは世界選手権で3位に輝き見事銅メダルを獲得。世界ランキングで女子ダブルス部門7位(9/25現在)と実力も申し分ない。

いよいよ来年にはビッグイベント、北京五輪が開催される。世界ランキング上位の選手に与えられる五輪出場権を競い、10月には「マカオオープン グランプリゴールド」、「デンマーク スーパーリーグ」と大会が控える。世界の大舞台でも“潮田の汗、小椋の目線と筋肉”をぜひ見たいものだ。

■オグシオ公式写真集 ROAD TO BEIJING
3,000 円(税込) 発売中
小学館
2007-10-01 18:00 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント