春のアニメは良作ぞろい!ファンでなくても押さえておきたいのはコレ![アニメ/ゲーム/声優]
子供だけのものではなく、大人も楽しむ“カルチャー”として愛され続けている日本のアニメ。2015年の春からスタートする新作は、普段からアニメを見ない人たちにもオススメしたい秀作が勢ぞろい。その中から早くも話題になっている作品を紹介しよう。
まずは高校の吹奏楽部が舞台となる「響け!ユーフォニアム」(4月放送開始予定/放送局未定)。主人公は中学から吹奏楽を経験している黄前久美子(CV・黒沢ともよ)。高校生となった久美子は高校の吹奏楽部の見学に行き、そこでかつての同級生、高坂麗奈(CV・安済知佳)の姿を見かける。吹奏楽部への入部に踏み切れない中、久美子は中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事を思い出す。本作は、「けいおん!」の京都アニメーションが放つ、吹奏楽に熱い思いをぶつける少女たちの青春物語だ。
フジテレビ系の“ノイタミナ枠”でスタートするのが「パンチライン」(4月放送開始予定)。なんと“パンツをみたら地球滅亡”というはちゃめちゃなキャッチフレーズがついた問題作だ。ひょんなことから幽体離脱してしまった主人公の伊里達遊太(CV・未定)は、肉体を取り戻すために古代インドの聖典「ナンダーラガンダーラ」なる書物を見つけ出さなくてはならないことを知る。その書物は、遊太が住むアパート「古来館」のどこかに隠されているというが…。冒頭からテロ事件が起きたり、迫り来る小惑星が映し出されたりとなにやら緊迫感があふれるが、基本的にはこの住人と主人公が織り成す抱腹絶倒のシチュエーションコメディー。しかも音楽を担当するのは小室哲哉。いったいどんな展開になるのか、期待せずにはいられない。
最後に紹介するのは劇場作品。「たまゆら〜卒業写真〜<第1部 芽-きざし->」が、4月4日(土)から上映される。これまでOVAやテレビシリーズで人気を集めてきた「たまゆら」シリーズが、ついに完結編を迎える。高校へ入学したとなった主人公の沢渡楓(CV・竹達彩奈)は、亡くなった父親との思い出の街・竹原へと引越し、幼なじみや親友と楽しく過ごす。今作では高校3年生となった楓と仲間たちの1年を全4部作として上映することが決定。心がほんわかと温まる世界観を、じっくりとスクリーンで体感できる。また主人公の進級を祝い、3月15日(日)に都内でイベントも開催も行われる。
毎クール、50本近い新作が放送される日本のテレビアニメ。上記3作品で、世代や性別、国籍を超えて愛される日本のアニメの最前線に触れてみては? これまであまりアニメに縁がなかった人もかなりハマるはずだ!
公演情報
■たまゆら進級イベント 2015
[開催日・会場]
3/15(日) 江戸川区総合文化センター 大ホール (東京都)

[出演]
竹達彩奈/阿澄佳奈/井口裕香/儀武ゆう子/佐藤順一監督

[プレオーダー受付]
受付中 〜 2/11(水) 23:59
2015-02-02 10:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀