デビュー30周年でWEAVERとコラボ!渡辺美里の挑戦はこれからも続く!![邦楽]
1986年に「My Revolution」が大ヒットし、その後も第一線で活躍し続ける女性シンガー、渡辺美里。2015年の5月にてデビュー30周年を迎える彼女が、あらためて新たな挑戦を行うと表明した。それがピアノロックバンド・WEAVERとのコラボレーション。力強い歌声と、女性の共感を集める歌詞を歌う彼女と、繊細でいながら真っすぐな芯を持つWEAVER。まったくジャンルの異なる2組が重なり合ったときの“化学反応”は、とても興味深い。
このコラボ曲となるのは、10月29日に発売となったシングル「夢ってどんな色してるの」。WEAVERの河邉徹(Drum & Chorus)が作詞を、杉本雄治(Piano & Vocal)が作曲を担当している。ゆったりとしたイントロから始まり、サビでは勢いあふれる展開へと昇華していくこの曲は、“これからの渡辺美里”を感じさせる、素晴らしいコラボレーションへと結実した。現在、渡辺美里のオフィシャルHPでは、2組のレコーディング風景が公開中。とても和やかに、でもしっかりと音楽論を交わしながら制作される風景は見ているだけで刺激をもらえる。
カップリングには「夜空のムコウ」を作曲した川村結花が作詞作曲した「どこにいても」。切なく心温まる曲に仕上がっており、こちらも楽しみで仕方がない。
力強く、感情移入せずにはいられない歌声を持つ渡辺美里と、イギリスで音楽修業を行い、精神的にも、音楽的にも成長したWEAVER。今だからこそ実現したこの2組の“化学反応”をじっくりと味わってもらいたい。
さらに2015年1月1日(木)の元日には東京・渋谷公会堂でのライブが決定している。そのほか、ミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」にも『ハートの女王』役で出演。11月9日(日)の東京公演を皮切りに、年内に大阪、名古屋を巡る。各地とも渡辺美里を交えたキャストによるアフタートークショーが決定している日があるので、スケジュールをチェックしてから足を運んでもらいたい。
経験を重ねて今もなお柔軟に新しい事に挑戦していく姿は、見ているだけでもとても気持ちがいい。新しく出合う楽曲を楽しそうに歌う渡辺美里の姿を見て、そんな彼女の曲を聴いて、明日につながる勇気をもらおう。

渡辺美里 チケット情報
ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』
2014/11/9(日)〜11/30(日) 青山劇場 (東京都)
2014/12/5(金)〜12/7(日) 梅田芸術劇場 メインホール (大阪府)
2014/12/19(金)〜12/20(土) 中日劇場 (愛知県)

渡辺美里  1/1(元旦)渋谷公会堂ライブ
2015/1/1(木)渋谷公会堂 (東京都)

渡辺美里 リリース情報
130917_weekly_cd.jpg
レーベル: ERJ
CD (2014/10/29)

2014-11-04 12:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀