どんなにつらくても、食べていればなんとかなる!…朝ドラ「ごちそうさん」が放送開始![TVドラマ/映画]
社会現象となった「あまちゃん」が終わり、その余韻も冷めやらぬまま、次のNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」が9月30日(月)からスタートした。今作のテーマは「食」。どんな困難にぶち当たっても絶望の淵に立たされても、ご飯を食べていれば何とかなる。そんなシンプルでいて力強い信念を持つ主人公・卯野め以子が、少女から恋する乙女、愛情あふれる妻からたくましい母へと成長する姿を描く物語だ。
主人公の卯野め以子を演じるのは、今年はドラマ「幽かな彼女」(フジテレビ系)や映画「真夏の方程式」などで好演した杏。め以子は父・大五(原田泰造)と母・イク(財前直見)が切り盛りする洋食店でおいしいものを目いっぱい食べてすくすくと育ったため、女学生となっても頭の中は食べ物のことばかり。下宿人の大学生・西門悠太郎(東出昌大)には、「何の魅力もない人間」と痛烈に批判される始末。しかし「食べたい」という思いが、いつしか「食べさせたい」という情熱に変わったとき、かつて祖母・トラ(吉行和子)が言っていた「食べたい気持ちが強いってのは、生きる力が強いってことさ」という言葉通り、誰よりも愛情深く、力強い女性へと成長していく。
め以子を演じるにあたって杏は「私はインタビューで『理想の女性像は?』と聞かれた時に必ず"明治から大正・昭和にかけての日本女性の姿"っていうふうにお答えしていました。日本の古い伝統や、いろいろな作法を当たり前に身につけていながら新しい社会の風に吹かれて生きていく強い姿。今回この連続テレビ小説のヒロイン、卯野め以子役はまさにそんな役だと聞いて、ほんとに二重の意味で喜ばしい事だなぁと思っております。私もめ以子と同じく"食い意地"がちょっと張っているのか、食べることが大好きで、それは空腹を満たすだけではなく、幸福が満たされたり、誰かとそれを共有できたり…好奇心を満たす事でもあると思います」とコメント。彼女にとって念願がかなった今作で、また新たな魅力を開花させてくれることだろう。
劇中の音楽を担当するのは菅野よう子。彼女は今作に対し「ゴチ、ソウ、サン、で3拍子の、『おいしそうな音』にしたいと思いました。世界で一番おいしそうな音を出すウィーンの演奏家の甘く香り立つ表現を得て、毎朝、おなかに効く音楽をばらまきます。人が生きていく力の源に少しでも寄り添えれば幸いです」と語っている。さらに主題歌にはゆずを起用。本人たちも主題歌決定に「今からドキドキしています」と話し、「僕たちの楽曲で『ごちそうさん』に少しでも華を添え、世界観を広げることができたらうれしいです」と意欲満々。「あまちゃん」に引き続き、音楽面でも盛り上がりそうな作品になりそうだ。  
日本中に毎日元気を与えてくれるNHKの朝ドラ。今作も杏の笑顔とエネルギーにあふれた物語で、多くの人に力を分けてくれる作品になりそうだ。
主題歌を歌う ゆず 関連公演
■Golden Circle Vol.18 
〜Yohito Teraoka 20th Anniversary Special〜

[出演]
【11/9(土)】寺岡呼人/桜井和寿(Mr.Children)/ゆず/and more
[公演日・会場]
11/9(土)〜11/10(日) 日本武道館 (東京都)

■ラジオが教えてくれた音楽コンサート 〜あの日の自分に帰る夜〜
ニッポン放送開局60周年記念

[出演]
泉谷しげる/清水ミチコ/秦 基博/miwa/ゆず
[公演日・会場]
11/3(日・祝) 東京国際フォーラム ホールA (東京都)
CD情報
nopicture.jpg
11月13日発売
NHK2013年度後期朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌と東京駅開業100周年記念映画『すべては君に逢えたから』主題歌の両A面タイアップシングル!!

2013-09-30 10:01 この記事だけ表示 | 東京 🌁