結成40周年を迎えた世界的バンド・KISSの来日公演で“歴史の重み”を体感[ヨーガク]
topics.jpg
ことし結成40周年を迎えた、世界を代表するアメリカン・ハード・ロックバンド、KISS。特徴的な白塗りのメイクに奇抜なコスチュームを身にまとい放つストレートなロックンロールと、パイロ(特効)やギミックを多用したエンターテインメント性にあふれるステージは40年の月日を経た今も世界中のファンを熱狂させている。そんなライブを日本で見ることができるビッグチャンスが到来! KISSが10/19(土)に千葉・幕張メッセ国際展示場、10/21(月)に大阪城ホールにて来日公演を行うのだ。
KISSの音楽を聞いたことがないと言う人がいても、彼らを見たことがないと言う人はおそらくいないだろう。彼らのビジュアルは一度見れば忘れられない。しかし、彼らはただビジュアルが個性的なだけで世界中に名が知れわたったわけではない。
KISSは1973年初ライブを決行し、翌年にレコードデビューしたが、2枚のアルバムは鳴かず飛ばずに終わった。しかし1975年の3枚目のアルバムツアーでは、火を噴き、ギターやドラムセットを破壊する強烈なパフォーマンスとキャッチーな楽曲が話題に。1977年には初来日を果たし、日本ではクイーン、エアロスミスとともに『洋楽ロック御三家』と呼ばれるほどになる。
しかし1978年には名声の裏側で、バンド内の衝突が起こり始める。4月に2度目の来日公演が実現するものの、帰国後はライブ活動の休止と、人間関係修復のためのソロアルバムのリリースが決定する。その後、各メンバーのソロアルバムが同時リリースされ、KISSという存在は飽きられ始めていく。
低迷期、混乱期を受け、KISSはメンバーチェンジを重ね、80年代中盤になってノーメイクでの活動を決断。世界的なメタルブームも重なってバンドは再び上昇気流に乗るが、90年代前半に2代目ドラマー、エリック・カーががんのために41歳の若さで他界するというい悲劇に遭う。
90年代中盤、オリジナルメンバーでの再結成の機運が高まった。1996年再結成が実現。13年振りにフルメイク&フルコスチュームで行ったワールドツアーでは、世界各国の会場がソールド・アウトとなった。その後も、コンスタントにアルバムをリリースし、さらなるメンバーチェンジを重ねながら世界中でライブを敢行。そして2013年、結成40周年を迎えることになった。
苦難と挫折、そして栄光…40年という歴史の重みを感じられるライブはそうそう目にすることができない。KISSの生きざまをその目にしかと焼き付けよう!
CD好評発売中!
topics_cd.jpg
モンスター~地獄の獣神(3Dジャケット)(限定盤) [Limited Edition]
価格:¥ 2,500 (税込)
レーベル: ユニバーサルミュージック
公演情報


世界的バンド・KISSを日本で見ることができるビッグチャンス!!
★プレイガイド最速先行受付実施★
[最速先行]大阪:
6/12(水)12:00〜6/17(月)23:59
[ヨーガクプレオーダー受付]
千葉:6/17(月)10:00〜6/20(木)23:59
[一般]
千葉、大阪:6/29(土)10:00〜

2013-06-10 10:40 この記事だけ表示 | 東京 ☁