布袋寅泰、ザ・ブルーハーツ、鈴木慶一、スガシカオ……この夏「ロック×演劇」が本気で熱い!![演劇・ダンス・お笑い]
この夏、ロック×演劇の豪華コラボレーション作品が、ズラリと揃った。ロック特有の疾走感や暴力性、感情が揺さぶられる刺激や感傷、青春の青臭さ、音楽がもたらす高揚感や親近感などを演劇と融合させた舞台は、コンサートとはまた違った感動が発見できるはずだ。演劇ファンはもちろん、音楽ファンも見逃せない、一流ミュージシャンの音楽が全編で流れる、ロックオペラ/ロックミュージカルをオススメしたい。 <文・下村祥子>
saike.jpg
音楽・布袋寅泰(ロックギタリスト)×演出・いのうえひでのり(劇団☆新感線主宰)。日本を代表する作詞家・森雪之丞による初の戯曲作品で、音楽界と演劇界の双方が注目する、驚きの豪華コラボレーションが実現!それが森雪之丞一座〜参上公演 ロック☆オペラ『サイケデリック・ペイン』だ。映画「キル・ビル」のテーマソングでお馴染みだが、舞台音楽を手がけるのは初となる布袋が、テーマ曲を始め、約20曲をすべて書き下ろし!劇中のロックバンド“サイケデリック・ペイン”のメンバーを演じる、主演・福士誠治(Vocal)、綾野剛(Guitar)、内田朝陽(Keyboard)らは舞台に向けて猛練習中とか。舞台初出演の北乃きい片瀬那奈、さらに劇団☆新感線になくてはならない存在・橋本じゅんなど個性の強い実力派俳優陣も揃え、今年最も見逃せない作品のひとつとなりそうだ。
『雪之丞一座 〜参上公演「サイケデリック・ペイン」』
[一般]
東京:7/1(日)10:00〜/大阪:7/29(日)10:00〜
[公演期間・会場]
8/22(水)〜9/11(火)   サンシャイン劇場 (東京都)
9/22(土・祝)〜9/24(月) 森ノ宮ピロティホール (大阪府)
>>詳細・お申し込みはこちら
yotuya.jpg
作家・橋本治が1970年代に書いた戯曲を、奇跡的に蜷川幸雄が発掘し演出する舞台『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)ボクの四谷怪談』。音楽は「日本語ロック」の先駆者で、結成35周年の2011年に無期限活動停止宣言をしたムーンライダースの鈴木慶一が担当。日本のロックシーンやサブカルチャーに多大な影響力を持つ、彼のオリジナル・ロックチューンにのせ、「四谷怪談」のオマージュながら、破天荒な現代の怪談話が展開!蜷川演出舞台に初挑戦の主演・佐藤隆太小出恵介勝地涼栗山千明谷村美月尾上松也麻実れい勝村政信らが出演。



『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)「ボクの四谷怪談」』
[最速プレオーダー受付]
東京:6/26(火)12:00〜7/2(月)18:00
[一般]
東京、大阪:7/21(土)10:00〜
[公演期間・会場]
9/17(月・祝)〜10/14(日)
     Bunkamura シアターコクーン (東京都)
10/19(金)〜10/22(月)  森ノ宮ピロティホール (大阪府)
>>詳細・お申し込みはこちら
linda.jpg
「ブルーハーツのすべてをリスペクトしている」と語った鴻上尚史が作・演出した作品『リンダ リンダ』の初上演は2004年。心にストレートに響くブルーハーツのあの歌を、全編に散りばめたエネルギッシュな舞台が、キャストも新たに帰ってくる!今年1月の第三舞台の解散後初の鴻上プロデュース公演としても話題だ。ロックバンド“クール・パルチザン”のマサオ(Bass)役には、同役を8年前の初演でも演じ鮮烈な舞台デビューを果たした松岡充 (SOPHIA)、バンドのリーダー役にはミュージカル界のホープ・伊礼彼方が務める。星野真里高橋由美子劇団鹿殺しの劇作家/俳優・丸尾丸一郎、第三舞台の中心俳優として活躍した大高洋夫らが脇を固める。ブルーハーツのメジャーデビューから25年。新たな熱狂と共に、劇場はライブハウスになる!
『KOKAMI@network vol.11「リンダリンダ」』
[一般]
東京、大阪:【発売中!】
[公演期間・会場]
6/20(水)〜7/22(日) 紀伊國屋サザンシアター (東京都)
7/28(土)〜7/30(月) 森ノ宮ピロティホール (大阪府)
>>詳細・お申し込みはこちら
NYのオフ・ブロードウェイで1997年に初上演され、ロングランを記録し、2001年に映画化されると数々の賞を受賞。マドンナやデヴィッド・ボウイなどセレブ達も熱狂し、世界中に一大ブームを巻き起こした、ロック・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。グラムロックの珠玉のナンバーで綴られる物語は日本でもカルト的人気を博し、これまでに日本語版公演で三上博史、山本耕史が演じたヘドウィグ役を森山未來が務め、「モテキ」に続いて再び森山と組んだ大根仁演出で、新たなヘドウィグ・ワールドが誕生!イツァーク役に元ミドリのギター&ボーカルの後藤まりこ。訳詞を担当する、舞台初挑戦のスガシカオにも注目だ。
⇒関連記事「洋楽ファンのお気に入り映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』が舞台(ライブ)となって日本再上陸!」
『ロック・ミュージカル ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
[一般]
東京、大阪、愛知、福岡:【発売中!】
[公演期間・会場]
8/29(水)〜9/10(月)  Shibuya O-east (東京都)
9/14(金)〜9/17(月・祝) Zepp Namba (大阪府)
9/22(土・祝)、9/23(日) Zepp Nagoya (愛知県)
9/25(火)、9/26(水)   Zepp Fukuoka (福岡県)
>>詳細・お申し込みはこちら
bleach.jpg
2011年夏、「週刊少年ジャンプ」連載10周年を迎えた大人気マンガ&アニメ「BLEACH」原作のロック・ミュージカルが、演劇界に衝撃を与えた!そして2012年、『新生 ROCK MUSICAL BLEACH REprise』として再び上演される。キャスト・スタッフが再集結し、今作では浦原喜助も参戦する、たった11日間のプレミアム公演!
『新生 ROCK MUSICAL BLEACH REprise』
[プレオーダー]
東京:【受付中】〜6/28(木)18:00
[公演期間・会場]
8/30(木)〜9/9(日) ステラボール (東京都)
>>詳細・お申し込みはこちら

2012-06-20 18:30 この記事だけ表示 | 東京 ☀