ポール・マッカートニーのクラシック音楽作品「リヴァプール・オラトリオ」が日本上陸![クラシック]
oratorio.jpg
ポール・マッカートニーのクラシック音楽作品「リヴァプール・オラトリオ」が日本上陸!

 ロンドン五輪が開催されるこの2012年は、同じイギリスの代名詞といえるビートルズがデビュー50周年を迎え、さらに、ポール・マッカートニーが70歳を迎えるという、言わばトリプルアニバーサリーイヤーでもある。その記念すべき年の6月に、ポール・マッカートニーのクラシック音楽作品「リヴァプール・オラトリオ」が日本で上演されることが決定! キャストには、本上演の企画者であるジョン・健・ヌッツォがテノールを担当し、当作品ニューヨーク初演時のオリジナルキャストでもあるソプラノ歌手のバーバラ・ボニーらが出演。さらに大編成オーケストラ、混声合唱団、少年合唱団が一堂に会し、総勢300人が本作に参加する。この壮観のステージは間違いなく、今年最大のクラシックイベントとなることだろう。

「リヴァプール・オラトリオ」とは、イギリスはリヴァプールの名門オーケストラ、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の創立150周年を記念したビッグプロジェクトとして、楽曲提供の依頼を受けたポール・マッカートニーがてがけたもの。1991年に完成させ、自身初のクラシック音楽作品となった。「オラトリオ」とは主に宗教的な題材を扱ったバロック音楽を代表する楽曲形式のひとつ。だが、ポール・マッカートニーはこれまでの概念に捉われることなく、ごく身近なテーマを軸に置き、作品の舞台を生まれ育ったリヴァプールに設定し、自身の成長を重ね合わせたメッセージ性の高い作品に仕上げている。
ジョン・健・ヌッツォは「日本中のビートルズファンにポール・マッカートニーがクラシック作品を残しているという事実が伝わり、クラシック音楽に改めて触れてもらう機会にもなれば最高の喜びです。このストーリーには、主人公の幼少時代から子どもの出産までの人生を通して、『愛がすべてを救う』という彼の思いが込められています。ぜひその思いが日本の多くの皆様に届くことを願っています」と力強くコメント。その熱意は並々ならぬもののようだ。

日本公演では前述のジョン・健・ヌッツォとバーバラ・ボニーのほかに、ニューヨークを拠点に活躍する重松みか(メゾソプラノ)と、ピーター・C・リンドスクーグ(バリトン)ら実力派ソリストも参加。指揮には、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団での活躍でも名高いダグラス・ボストックを迎え、2012年日本版「リヴァプール・オラトリオ」に臨む。公演は6月15日(金)の兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホールと、6月18日(月)※ポール・マッカートニー誕生日・19日(火)に東京・Bunkamura オーチャードホールにて行われる。

※ポール・マッカートニー本人の出演はありません。
 
公演情報
東京・兵庫公演プレオーダー受付中!3/15(木)18時まで
S071954.gif

[公演日]
6/15(金) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール(兵庫県)
6/18(月)、6/19(火) Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[プレオーダー]
【受付中】〜3/15(木)18:00
[曲目・演目]
『リヴァプール・オラトリオ』 byポール・マッカートニー/カール・デイビス
[出演]
ソプラノ/バーバラ・ボニー、テノール/ジョン・健・ヌッツォ、メゾソプラノ/重松みか、
バリトン/ピーター・C・リンドスクーグ、指揮者/ダグラス・ボストック、
管弦楽/京都市交響楽団 合唱/晋友会合唱団(東京公演)他


2012-03-08 12:25 この記事だけ表示 | 東京 ☁   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。