2010年、日本のブラック・ミュージック界を牽引する久保田利伸が本格始動![邦楽]
久保田利伸
’86年にシングル「失意のダウンタウン」でデビュー以来、日本人では表現不可能と言われていたブラック・ミュージックに挑戦し、人種、ジャンルの壁を乗り越えて日本のポップスへと昇華させたアーティスト・久保田利伸。最近では、松尾貴史と共演したニッカウヰスキーの「ブラックニッカ クリアブレンド」のCM出演、大みそかの紅白歌合戦でのパフォーマンスも話題となったSMAPの大ヒット曲「そっと きゅっと」の作曲を担当するなどしていた彼が、ついに2010年、本格的に活動を開始する。
その第1弾として、1月27日ニューシングル「Tomorrow Waltz」を発売。この曲はNHK総合で1月16日より放送される、坂口憲二主演のドラマ「君たちに明日はない」の主題歌に起用される。この曲は語り掛けるように優しく、甘く響く、大人の色気をまとった歌声を存分に生かした、心温まるバラードに仕上がっている。しかもこのドラマには、久保田利伸本人役としてドラマ出演が決定! 久保田が出演する回は1月23日に放送される。どんな演技を見せてくれるのか、こちらも気になるところだ。 そして、カップリングにはマイケル・ジャクソンへの感謝を込めたオマージュ曲「STAR LIGHT」が収録される。この楽曲は、現在発売に先駆けて、先行配信中。公式ホームページでは期間限定で特別にミュージックビデオも閲覧できるのでチェックしておきたい。
そして、ファンにとって何よりもうれしいニュースが届いた。6月20日の神奈川・ハーモニーホール座間を皮切りに、待望の全国ツアー「TOSHINOBU KUBOTA Hall Tour 2010」が決定した。さらに磨きの掛かった圧倒的な歌唱力と表現力で、今までにない感動を与えてくれることだろう。
シングル「TIMEシャワーに射たれて」、ドラマ主題歌に起用された「You Were Mine」「夢 with You」「LA・LA・LA LOVE SONG」など、今の“アラフォー”世代には耳慣れた楽曲が多い久保田。明るいニュースが少ない昨今の日本を、あのアツイ歌声で再び盛り上げてもらいたい。
2010-01-12 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 2

コメント

めちゃくちゃ 嬉しいーーーーーです!!!!!

毎日、毎日。久保田さんの声 リズム 詩に GUTs GETs してます!!!

木村 朗
(2010-01-15 09:33)
この夏4年ぶりに久保田さんに会える♪

めちゃ楽しみぃ〜この曲も早く聴いてみたいわぁ・・・
きぃのん
(2010-01-15 22:44)