コンプレックスを跳ね返し、ついに、スーザン・ボイルが日本デビュー[ヨーガク]
スーザン・ボイル3.jpg
Photo Credits Images by Hugh Stewart as
appeared in the September 2009
issue of Harper's Bazaar U.S
人間誰しも、コンプレックスは持っているもの。さらにそれが容姿であれば、自分が持っている夢もあきらめざるを得ないことも…。しかし、ここで紹介する“スーザン・ボイル”はそんなコンプレックスさえも吹き飛ばし、すばらしい歌声で世界中から注目を集めるようになったのだ。
そのきっかけとなったのはイギリスのあるオーディション番組。彼女はそこでミュージカル女優になりたいと述べたところ、その容姿とのギャップに失笑され、審査員もあきれ果てたという。しかし、いざ歌い始めると会場の空気はガラリと変わり、その歌声に涙する人々も。会場はスタンディングオベーションとなり、その実力が認められて歌手デビューへの道をつかんだのだ。後日その様子が動画サイトのYouTubeにアップされ、世界中から話題を集めて3億回を超える視聴回数を記録し、一躍時の人となった。
そして、ついに彼女のデビューアルバムが11月25日に日本で発売された。アルバムタイトルにもなっている「I Dreamed a Dream(夢やぶれて)」は、2010年1月16日(土)に公開される日本のフラッシュアニメ映画「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 3〜http:// 鷹の爪 .jpは永遠に〜」の主題歌に決定している。さらに日本盤にはボーナストラックとして「翼をください Wings To Fly」の英語カバーが収録されている。“天使の歌声”と称される歌声をぜひ実感してほしい。
さらに注目してほしいのがその容姿。オーディションの時とは見違えるような変身ぶりはさすが。女性は磨けば光るもの。その変貌ぶりにまた世界中で話題を呼びそうだ。
2009-11-30 11:00 この記事だけ表示 | 東京 ☀   |  コメント 0

コメント