個性派女優・多部未華子が“舞台”という次なるステップへ[演劇・ダンス・お笑い]
多部未華子.
一度見たら忘れない、しっかりとした意志を感じさせる力強い目元が印象的な個性派女優・多部未華子。2005年公開の映画「HINOKIO」にて1000人を超える応募者からメインキャストに選ばれ、ブルーリボン賞新人賞を獲得。当時10代でありながら圧倒的な演技力を披露した彼女は、その後、ドラマ「山田太郎ものがたり」(TBS系)、「鹿男あをによし」(CX系)、「ヤスコとケンジ」(NTV系)などに出演。
さらに今年の春から半年間、連続テレビ小説「つばさ」(NHK総合ほか)の主演に抜擢され、今までにないコメディータッチの“朝ドラ”のヒロインを熱演。さらなる演技の幅を広げた。現在は、山崎豊子原作の巨編をドラマ化した「不毛地帯」(フジ系)に出演し、唐沢寿明演じる壹岐正の娘・直子を演じている。今までコミカルな役が多かった彼女とは一味違う、父が軍事にかかわることに悩む難しい役どころに挑戦している。
数々の演技で着実にファンを獲得していった多部、オフィシャルサイトで現在予約受付中の2010年カレンダーは3人のカメラマンが撮り下ろした豪華版である。
映画やドラマで経験を積み確実に成長してきた彼女が、次のステップとして選んだのが朗読劇とストレートプレイ。今年の12月10日、パルコ劇場にて舞台「LOVE LETTERS」に出演が決定している。舞台の上にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った2人が手にした台本を読み上げるだけの2時間という、なんとも珍しい“リーディングドラマ”に挑戦する。シンプルな舞台だからこそ、言葉たちが輝き、命を持つ瞬間を彼女がどう表現するのか、とても楽しみだ。さらに2010年3月には野田秀樹作、松尾スズキ演出の舞台「農業少女」の出演も決定している。山崎一、江本純子、吹越満、と実力派が顔をそろえているだけに、こちらも話題になること必至の作品だ。
これまでも、舞台を経験して格別に演技の幅を広げていった俳優・女優は少なくない。映像を通してではなく、彼女の実力、そして世界観を“生”で感じられる舞台はまた格別なものに違いない。そして今後、彼女がどのような女優になっていくのか、これまた楽しみだ。
公演情報
12/10(木)公演に出演
「ラヴ・レターズ」
2009 Christmas Special
12/9(水)〜12/13(日)PARCO劇場 (東京都)
<出演>12/9(水):溝端淳平/美波
      12/10(木):中尾明慶/多部未華子
      12/11(金):新納慎也/宮本裕子
      12/12(土)内浦純一/西山繭子
      12/13(日):宅間孝行/大和田美帆
オフィシャルサイト
【オフィシャルサイトにて2010年
カレンダー先行予約受付中!】
多部未華子 オフィシャルサイト
http://www.tabemikako.com/






野田秀樹作、松尾スズキ演出 「農業少女」出演決定!詳細は近日発表!
「多部未華子」をお気に入り登録して最新情報を!
okiniiri.jpg
2009-11-11 23:40 この記事だけ表示 | 東京 ☔   |  コメント 0

コメント